理解してください

アクセスを見て、ちょっと思ったのですが、アクセスして情報を収集するのは良いのですが、間違ったやり方をなさっている方がいるようなのですが、きちんと記事を見てください。

褐斑病については、ウエブページからホームページへ飛ばしています。その記事から褐斑病は薬剤散布ではない事がわかると思うのですが。褐斑病は土中灌水です。つまり水をあげるのと同じように、薬剤を溶かした水をやるという事です。正しい方法で薬剤散布をしないといけません。それと、きちんと法律に乗っ取った農薬散布をしてください。個人といえども、これは取り締まりの対象となっています。バラに適応のない薬剤散布は違法です。それと登録が切れている事があります。この辺もきちんと定期的に調べておく方が良いと思います。出来ればあまり農薬を使わない管理をお勧めします。ですが天然由来の物でも実は農薬成分が含まれている事があります。その辺の知識も必要となります。ポポーの葉や枝にも農薬成分が含まれています。但し人には無害です。むしろアメリカでは新薬の素材として研究が進められています。農薬としても研究されています。それと植物自体に猛毒を持つ物が多数あります。園芸として庭に植えるのは良いのですが、どれが毒でどれが毒がないかも理解しておいた方が良いです。特にお子様がいるご家庭では注意をしてください。エニシダ、キングサリ、キャロライナジャスミンみんなきれいな花ですがすべて猛毒です。エニシダは微量だと解熱および腎臓や肝臓の病気に利用されていたりします。ハナニラ可憐ですが猛毒です。スイセンも良いですね、でも球根は猛毒です。ヒガンバナに匹敵するほど猛毒です。なぜって同じ種だからですよ。キョウチクトウ虫も寄りつきません。でも強心剤としても利用もあります。そういったことをきちんと把握して園芸を楽しんでください。最近は何も知らないでやる方も多いようですので、やるからには色々調べる事は必要であると思います。というのは、時折知らずに口にしてしまう方が増えているようで、中毒症状で病院に運ばれる方もいるようです。楽しいはずの園芸が場合によっては命を落としかねないという、落とし穴がある事にも気がついてください。

以前、サフランを調べていたら、クロッカスをサフラン代わりにしていた人たちを見つけました。サフランは近似種ですが、別物です。絶対にサフランの代わりにしないでください。これは毒がないから良いですがちょっと笑ってしまいました。

コメント

コメントを投稿

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと