自然 Feed

2014年12月 6日 (土)

朔旦冬至(さくたんとうじ)

今年は12月は「朔旦冬至(さくたんとうじ)」が起こる年です。19年に一度しか
起こらないことです。
新月から新月までの月の満ち欠けひとめぐりのサイクルは29.5日(正確には29.530589日)なのに対して、冬至から冬至までのサイクルは365日(正確には365.24219日)と異なるため、両者が重なることは非常に少なく、19年に一度しかありません。この現象が実は今年の12月22日に起きます。

ちなみに今日は満月ですよ。この時間帯で月の入りはとっくに過ぎていますが。

2012年2月29日 (水)

雪になりました。

朝起きると雪になっていましたが、スタットレスをはいていて良かったと実感しました。
ですが、気をつけて運転しないとスタットレスでも滑りますからね。
次男坊が熱があるようで、どうも怪しいです。インフルかもしれません。
仕事の途中で、やはりインフルであると連絡があり、急きょ午後休みました。
長男の進路相談があったため、私が妻の代わりに出る事になったのでしかたありません。
Dscf2214














Dscf2217














Dscf2219























朝の風景ですが、辺り一面真っ白でしたね。明日と明後日休み取りましたが、
バラの植え替えはまたお預けですね。

2012年1月22日 (日)

雪の被害がありました。

毎年ひやひやしているのがミモザです。成長は早いのですが、木が柔らかいため、雪の重みで毎年折れます。今年も例外ではなく二股になっていた一本が見事に折れました。
Dscf21931























Dscf21941























完全に折れてしまい、それもメインになっていた枝でした。様子を見ながら、折れたところを切って処理をしなければなりませんね。バラの枝も一緒に持って行かれているようです。
手前にあるバラは木バラになっていまして、3メートル近く伸びています。我が家では古いバラの一つです。約10年になります。

2012年1月21日 (土)

雪景色

昨日は雪が降り、久しぶりに楽しい景色になりました。ですが、通勤はちょっと雪があり、
スタットレスのタイヤをはいているとはいえ怖かったですね。
Dscf21871






















Dscf21901






















Dscf21911






















草ではありませんよ。田んぼに蒔かれてある麦の葉です。たくましく乾燥にも寒さにも耐えていました。これで少し乾燥から解放されたので、大きくなるかもしれませんね。
Dscf21921






















農村も雪景色ですが、今日の午後までには消えてしまいました。

2011年10月31日 (月)

職員旅行で見かけた風景

あまり気の乗らない職員旅行でしたが、その中でもやはり農村の風景など見ると、とても嬉しい気持ちになれます。都会の風景はあまり好きになれません。
Dscf2111























ある場所からの風景です。田んぼの稲はすでに刈り取られていました。ですが、農村の元気な姿であります。こういった営みを見ると嬉しいですね。

続きを読む »

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと