知恵 Feed

2014年11月26日 (水)

パワーストーン

もうしばらく前からですが、パワーストーンについて前々から興味あったのですが、
なかなか踏み込めずにいました。男がアクセサリーか!と抵抗が実は少しありました。
ですが、ちょっとしたきっかけで、はまりました。
数十万円もつぎ込んでしまったようです。パワーストーン恐ろしや。
ですが、ヒーリングはもちろんアクセサリーとしてもいいのではと思いました。
なんとなく自身が変わったように思います。というか、それを身につけることによって
可能性があると思えるようになりました。今私が所有しているものには、様々なパワー
ストーンがありますが、値段が高いから良いというものではないと思います。
ですが、自分にあったパワーストーンはあると思います。今わたしは、ルビー・イン・ゾイサイド、チャロアイト、スギライトがメインでブレスレッドをしています。
特にルビー・イン・ゾイサイトは私のメインの石のようです。普段はそれを付けていま
すが、気が向くと違うワパーストーンを付けるというスタイルにしています。
手に取り今日の相性を視て付けるようにしています。
あ、当然ですが、石は3社から入手しています。当然ブレスレッドタイプで入手した
ものはバラし、自分で組み替えています。

Img_0493

Img_0497

Img_0494

Img_0498

Img_0495

Img_0496

この3種については、ほとんど毎日身につけています。いろいろ人によっては、
意見があるでしょうが、今私を守っているのはこの3種のブレスレッドです。

Img_0499

Img_0500

Img_0501

Img_0505

Img_0506

Img_0507

最近は、売れればいいというのかニセモノも多いようでうす。ですが、その研磨と穴の
かけ方によって著しくパワーを落としてしまうことがあります。
天眼石は目玉模様があってこそ効果があるのに、目玉を射抜くかの様に紐を通す穴を
開けてしまっているものが存在します。意味がありません。ですが私が入手したものは
それが解って穴を開けてありました。一番最後の写真は、ホークスアイと呼ばれるものですが、本来ものより目がはっきりしています。このようなものはイーグルアイと呼ばれているようです。まあ、石も世界もいい加減なことが多いですからね。









2011年7月17日 (日)

雑誌の紹介

農文教から出版の現代農業8月号は、今回はとてもおもしろいです。「いま、昔の農業をヒントにする」という題で、昔の人がやっていた農作業を掘り起こして、今の農業に役立てようという記事が満載です。

でひ、この雑誌を見ていただき、菜園や農業に役立ててください。私も後でじっくり読んでみるつもりです。現代農業は定期購読していますが、結構いろいろおもしろい記事があるので、興味ある方は購読してみると良いと思います。

2011年7月11日 (月)

暑いですが、やっと梅雨明けですね

とても暑い日が続きますが、熱中症にならないよう対策してくださいね。
さて、しばらく更新をしていませんでしたが、まだバラの写真やら載せていないものも
たくさんあります。
我が家は、農業の遮光ネット90%を東側の窓と南側の窓に取り付けました。
外壁にネジをつけ、遮光ネットをひもで吊るようにして行いました。
少しは熱をカットできるかと思ったのですが、近所では変な家と思われているようです。
知っている人は近所のおばさんに説明していました(庭にいたときその会話を聞いてしまったのです)。
結果は、日射を遮り少しだけですが、室温が落ちているようです。今日一日エアコンなしで過ごせたようです(私は庭仕事していたので)。庭から家に戻ると少しひんやりしている感じもありましたので、効果は出ていると思います。

2011年5月 2日 (月)

今日は八十八夜です

旧暦の暦では今日は八十八夜です。雑節のひとつで、立春 を起算日(第1日目)として88日目、つまり、立春の87日後の日のことを言います。あと3日ほどで立夏ですが、「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の泣き霜」などといわれるように、遅霜が発生する時期でもあります。一般に霜は八十八夜ごろまでといわれていますが、「九十九 夜の泣き霜」という言葉もあるそうで、5月半ばごろまで泣いても泣ききれない程の大きな遅霜の被害が発生する地方もあるそうです。そのため、農家に対して特に注意を喚起 するためにこの雑節が作られたようです。八十八夜は日本独自の雑節であるようですね。
いずれにしても今日は、かなりの強風。おまけに黄砂がかなりひどく、周囲がかすんでいます。山々は見えませんし、外に出るとくしゃみが止まりません。台風並みの風が吹いていますので、気温が夜間は下がる可能性があります。
おかげで何も出来ない休みとなりました。

2011年1月19日 (水)

今日の月

寒さに懲りず、また月の写真です。今回は寒いので仕事の帰りに車内から撮ったもので、絞りはf5.6固定で露出時間を変更して幾つか撮ってみました。露出時間を変更することで撮れることがよくわかりました。時間とともに月の光が、太陽の当たり具合で変わるのことがよくわかりました。

 

DSCF1093

 

FUJIFILM FinePix HS10 絞り値f5.6 露出時間1/2000秒 ISO-400 18:15

 

DSCF1094

 

FUJIFILM FinePix HS10 絞り値f5.6 露出時間1/2500秒 ISO-400 18:15

 

DSCF1095

 

FUJIFILM FinePix HS10 絞り値f5.6 露出時間1/1000秒 ISO-400 18:16

 

DSCF1096

 

FUJIFILM FinePix HS10 絞り値f5.6 露出時間1/1000秒 ISO-400 18:32

 

焦点距離はすべて126mmで私のカメラでできる最大ズームでやりました。月は十六夜で、少し欠けている状態です。明日は十七夜ですが望月です。少しずれているようですね。明日は大寒、一年で一番寒い日と言われています。大寒は旧暦で十二月十七日~一月一日(新暦で1月20日~2月3日まで)の2週間を言います。毎年変わりますのでご注意を。

 

この大寒ですが、15日間あります。これを3つの候に分けます。その候にはそれぞれ意味があります。

 

第一候:款冬華(かんとうはなさく) 蕗の薹が蕾を開き始めるころ。

 

第二候:水沢腹堅(すいたくふくけん) 沢の水がびっしりと凍りつめるころ。

 

第三候:鶏始乳(にわとりはじめてにゅうす) このころから、鶏が巣につき、卵を産み始める。

 

この候をは3つあるので15日間を3で割ると各々の候は5日間となります。この間に三候の現象が現れると言うことです。先人の自然現象の観察によるものです。先人の知恵でもあります。

2011年1月17日 (月)

月の写真を撮ってみました

夜空を見上げたら月が出ていました。そういえば月ってデジカメでどう撮るのかなあ。前に挑戦しましたが、カメラはド素人ですので、よくわかりませんでした。ネットを調べると何となくそういえば自分のカメラもいろいろ設定ができたなあと思いながら試してみました。

DSCF1088

ネットのように設定しましたら撮れました、月の写真。何となく設定の仕方がわかってきました。カメラのマニュアルにはそんなこと書いてありませんからね。設定は変えられるとあっても実際の使い方は書いてないのが普通ですから。デジカメのマニュアルって意外とわからないものが多いと思います。

いずれにしても宝の持ち腐れにならないように、いろいろ試してみたいと思います。

2010年3月30日 (火)

満月がきれいです

今日は満月の大潮。今、こう記事を書いていても、窓から丸い月がとてもきれいに見えます。写真を撮って見ましたが、私のカメラでは、きれいに撮れませんでした。どうしたらきれいに撮れるのでしょうか?
やはりそれなりに良いカメラでないとだめなのかといつも思っています。

P3300004

これが限界でした。手ぶれ防止もありませんし、少しガタも来てますので、これが最高でした。ただ光っている○ですね。

職場で、野菜やっている職員が、昨日から今日の冷え込みで、苗がやられたと話していました。ハウスにあったのですが、加温を忘れたようです。この時期のこんな事もあるので、育苗や種まきなど少し心配ですね。

2010年3月29日 (月)

明日は満月です

明日は満月になります。大潮になりますが、種まきには最適です。本当でしたら、前後に大潮になるのですが、今回は満月から大潮4日が始まります。種まきは本来その満月に向かう大潮の時がよいのです。

 

と言っても、なかなか仕事とかあると無理ですが、出来るだけ月の動きに合わせた農作業なり庭作業を行うとよいとされています。

 

植物にはそのものが持つ生態のリズムもあり、それを観察して知る事も大事な事のようです。多くの生物は月の満ち欠けを基準にリズムが出来ているそうですよ。

 

月と植物についてはまたの機会に。

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと