野菜の作業 Feed

2010年5月 3日 (月)

野菜を苗植えました

今日はとても良い天気でしたので、昨日購入しておいた野菜の苗を植え付けました。

P5030233

ナス苗の配置をしています。間隔は自分の靴の大きさの2倍くらいです。

P5030234

植え付けて仮支柱を立てたところです。隣に同じく植えてあるのは、たぶんシシトウかと思います。実はピーマンも買ったのですが、どちらだったか分からなくなってしまったのです。

P5030235

次はきゅうり棚を作りきゅうりの植え付けです。今回は合掌ではなく、半分で作りました。実はこの後ろにトウモロコシを植える予定でこんな状態になりました。

P5030236

ネットを張りこのように6本の苗を植え付けました。菜園は場所がないので、かなり密集して植え付ける事が良くあります。

P5030237

こんな様子になりましたが、実はこのネットの先の方にはさらにピーマンが妻によって、植え付けられました。

P5030241

P5030245

大白大豆の種蒔きをしました。鳥に食べられないように寒冷紗にて保護しました。ここは今日まで、アブラナが植え付けてありましたが、抜いて、草取りしてそのままの畝に蒔いてあります。肥料は入れません。残っている肥料だけでやろうと思っています。肥料過多は大豆にとってはあまりよくないので。生育が悪ければ即効性の肥料をやる予定です。
そのほかにもスイカを3本ほど植えました。トマトは自家で苗を作っているのですが、今年は発芽とか生育がそろいませんし遅れています。
トウモロコシはなぜか思った通りに発芽生育しています。このトウモロコシが、先程のきゅうりのところに植える事になります。障壁としても期待できるかもしれません。そのほかにも茶豆もありますし、モロヘイヤもあるので、おそらく例年通り、ぎゅうぎゅうな菜園になると思います。それにまだあります。ゴーヤに、四角豆、ちょっとやりすぎかなあ。玉ねぎと、ジャガイモの跡地がうまく使えるようになればいいのですが。

2010年3月24日 (水)

野菜の種まき

昨日に野菜の種蒔きをしました。今回は全部セルトレーで行いました。

  

まずセルトレーに培養土を入れます。水をかけて湿らします。

  

P3230145P3230146

  

  

これはカボチャですが、12個袋にありましたので、全部蒔いてしまいました。

  

P3230159

  

品種はこれ、ほっこり姫といいます。大きいカボチャではなく、中玉くらいのものです。

  

P3230147

  

P3230148

  

P3230149

  

次にトウモロコシです。面倒ですので全部同じトレーに蒔いています。トウモトコシの種の蒔き方ですが、とがっている方を下にして蒔きます。こうする事で、ストレスなく発芽させるためです。

  

P3230151

  

P3230150

  

今回初めてアイスプラントを作ってみようかと挑戦です。

  

アイスプラントの種は細かいので蒔きづらいので、今回はペレット処理をしてあるものを使用しました。これですととても蒔きやすく、一粒ずつ蒔けるのが便利です。

  

次はバジルですが、これは毎年作っています。

  

P3230152

  

P3230153

  

これも細かいのですが、数粒一穴に蒔いておきました。

  

これを収穫してピザにするとおいしいのです。また、オリーブオイルとバジルで食べるサラダも最高です。

  

それとミニトマト3種も蒔きました。

  

P3230156

  

P3230157

  

P3230158

  

レッドオーレとアイコ、イエローアイコの3種です。最近は毎年これでやっています。

  

そして試し蒔きに、片品村の大白ダイスを蒔いてみました。

  

P3230154

  

これと、アイスプランツ、トウモロコシは試し蒔きです。本蒔きは実はもっと後でやろうと思っています。と、言うのは結構発芽温度が高いからです。

  

さてこうしてトレーに植えた種の上にさらに土を振って種を隠し水をたっぷりやります。

  

P3230155

  

これを2つ作りましたが、このままにしておいては温度確保ができません。小さいビニールトンネルを作り、そこへ納めました。

  

P3230160

  

こんな感じです。トンネルを開ける事を考え、反対側はレンガで押さえてあるだけです。晴れれば20度以上は確保できるはずです。

2008年7月25日 (金)

きゅうりを植えました

今日は宿直明けですが、きゅうりの苗を買ったまま植える時間がなくやっと今日いぼ竹を買ってきて植えつけました。この苗は2番苗ですので、今のが収穫が悪くなってからとれるようになるはずなのですが。まだ今のも元気ですからこれはもしかしたら、収量増になってしまうかもしれません。毎年我が家のきゅうりの収穫は終わりが早いので、今年は買ってみました。うまい具合に今年は枝豆が終わってしまったのでそこへ植えつけました。また楽しみです。トマトより子供たちは食べてくれます。今日はそれをやり後はビール飲んで寝てました。

2008年4月16日 (水)

ゴーヤの種を蒔きました

前回できなかったゴーヤの種を、今日は遅番だったので、ポットに蒔いてから出勤しました。だいぶ気温も上がってきましたので、たぶん大丈夫ではないかと思います。ほかの種まきもしなくてはならないのですが、なんか休みの金曜日にはあまり天気がよくない様子。実はこの日に必ず蒔いておきたいのですが、だめなら20日か21日で満月までには何とかしたいのですが。本来なら2日ほど欲しいのですが、どうかなあ。ポッと蒔きか直播かまだ迷っています。物はとうもろこし、枝豆、モロヘイヤなどですが、あと綿花もありました。まあ、いずれにせよ満月までにはやりたいものです。

2008年4月13日 (日)

バラの苗が出始めました

今日たまたまファームドゥで、米を精米してきたのですが、その帰りに例のごとく花を見に寄りました。そこでいつもこの時期に出て来るバラ苗を発見。やったと思い品種の札を見ていると、まあそこそこ有名何処のハイブリットティーやフロリパンダが並んでいました。欲しい品種が幾つかあったのですが、グリーン・スリーブスと言うバラを一本購入しました。これは以前病気で枯らしてしまったので機会があればどうしても欲しかった品種でした。今回はこれだけです。だって、まだ敷島のバラ園のほうが何かあるかも知れなし、その後もこのバラを出している人は結構持ってくると予想しています。その中にオールドローズや、以前枯らしてしまった品種があればまた欲しいので、余力を残しておきます。やっぱりバラは良いです。そうそう、今日バラを見回りしていましたら、やっぱり出てきました、ベト病と褐斑病。雨が降っていたのでベト病対策はできませんでしたが、褐斑病対策はダコニール1000倍を罹っているやつと周辺のバラに潅水しました。まあ、ほとんどのものに潅水しました。様子を1週間見て、大丈夫そうなら、有機肥料をやります。そうでないと微生物が増えませんから。殺菌剤を撒いてしまったのだから回復させるためです。褐斑病は少しでしたので、多分おさえられと思いますが、ベト病は早めに薬剤散布が必要ですね。確かに枯れてきた葉が出てきていますので。今年はでも出るのがやはり遅いです。

2008年3月27日 (木)

簡単に畑の準備しました。

今回は畑に肥料を入れてありません。全面施肥は止めようかと思います。疲れますからね、植えた所だけ表面に有機肥料をまいておこうかと思っています。今日は畑の草かきしてハイグリーンを全面にまいておきました。あとは種を植えるなり苗を植えるなりしてから肥料を株元に施肥します。この方が耕さなくても済むので小力になるかと。それとトマトの鉢栽培用に鶏糞を混ぜた土を大きい鉢に入れました。丸い鉢が個数なかったので少し小さい四角の鉢も動員しました。全部で9個用意しました。今回はトマトの種類が多いので数が多くなってしまいました。4種類のトマトを栽培予定です。苗はたくさんできてしまうと思うのですが、2種類は苗を注文してあります。あと2種類は自分で種を蒔き苗を育成中です。気になっていた事が今日できました。

後はバラの様子を確認して、枯れた枝を切り戻しておきました。今年は幾分例年より枯れ枝が少なかったように思いますが、植え替えしたミニバラが一つが全滅しました。挿し木したバラを鉢から崩して一本一本植え替えると冬に枯れる事が多いのです。今年は残念ながら、人里というツクシイバラを枯らしてしまいました。原因はカミキリムシです。株を食い荒らしたようで、誘引した時は何とかもっていたのですが、やはり枯れました。残念ですが、機会があったらまた購入したいと思っています。武蔵野シリーズは結構数があり9種くらいあったかと思います。それぞれがみんなすばらしいのですが、全部入手できていません。今オオタカネイバラの白花を注文してあります。本来はピンクなのですが、珍しい固体だそうですので、楽しみです。やはり、カミキリムシの被害が結構あるので、挿し木なりで予備を作っておいた方が良いようです。アブラムシの被害も多くなってきましたね。これからは虫と病気との戦いが始まります。

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと