作業 Feed

2009年7月 1日 (水)

更新が滞っています

それほど花もなく、葉っぱだけになってきました。こんな時期ですので、更新できずにいます。
仕事もちょっといろいろあり庭のことができませんが、先日梅雨の晴れ間を見て、バラに薬剤散布を行いました。
今回はスミチオンとサプロールを撒きました。展着剤はダインとアビヨンEです。アビヨンEを加えるとやはり散布の回数が減ります。そろそろなくなるのでまた注文して購入します。

さて最近はパソコンをいろいろセットアップや調整をしていて、なかなかブログまで来れません。メインは特に調子悪くもなく、動いているのですが、ファイルサーバーをおこうかといろいろ試しています。古い機械を構成し直しをして、LINUXで組み始めました。今変換ケーブルなど購入してきて、ハードディスクの大容量化をしています。マシンはpentium4で3GHz、メモリーは1Gbitです。ハードディスクは合計で2Tを超えています。LINUXはUBUNTU 9.04serverを入れてみました。

まあ、こんなことを梅雨の間やっています。これで本格的に夏がくればやっていられなくなりますので、今のうちに組み上げようと思います。

2009年1月31日 (土)

今日で1月も終わりです。

早いもので、今日で1月も終わりになります。久しぶりに今朝庭を見て回ったのですが、春の用意をしている植物たちの、枝の色や芽の色が変わってきています。特にバラは芽が大きくなって行くのが良くわかります。雪柳も芽が大きくなり、りんごの花芽も結構大きくなっています。
みんなホント春の用意をしています。先日、カミキリムシの幼虫にやられて枯れてしまった白花のハマナスを抜いていたら、出てきましたカミキリムシの幼虫が。かわいそうですが退治させて貰いました。その株元を見ると、なんと2本の細いハマナスの枝が出ていました。これは白花の枝か?とちょっと期待しています。
幼虫もいなくなったので、もしかしたら復活できるかもしれないと思っています。
ミモザの花芽がなんとなく黄色くなってきました。昨年はなぜか花芽を大量に落としてしまい、少ししか咲きませんでしたが、今年は木も大きくなりちょっと期待しています。
ミツマタの蜂の巣のような花芽も枝先で大きくなっています。
春は待ち遠しいですが、まだまだそれまでにやらなくてはならない事がたくさんあります。ぼちぼち、片付けて行きます。

2009年1月23日 (金)

今日は暖かくて良い日でした。

今日は休みでした。暖かくてとても良い天気になりましたので、早速最終の植え替えを行いました。残っていたバラと、夾竹桃、桜、スミレ、赤花雪柳ができました。これでほとんど終わりになりましたが、壊れたプランターに、入っている植物があるので、後でこれらも片付けます。
それとまだユリを植えてあった鉢が片付いていませんので、これもやらなくては。ほんといろいろやることがあります。でもとりあえずこれでバラの本格的な剪定に入れそうです。
全部終われば、転がっている鉢やごみを片付けて、本格的に春を待つ体制に入れます。

2008年12月14日 (日)

雨のため何もできず

せっかく休みになったのですが、残念ながらこちらは雨模様です。何もできないので、今日はハイグリーンの購入と赤玉、堆肥などの資材購入を検討しています。それとそろそろタイヤチェーンの購入もしようかと思っています。今日は下準備をメインにします。
先日、妻がノースポールと葉牡丹を敷地の外の花壇に植えてくれました。少し隙間があるというのでさらに購入してノースポールを増やし、葉牡丹のところには私の提案でビオラを植えつけたようです。少しさびしかった花壇がにぎやかになりそうです。
バラの植え替えは順調でした、先週のとても暖かい日々にはなんと全部仕事でしたので、無念です。早急にしたいのですが、うまく行かないものですね。
ホームページはあくまで試験的な要素が多いので、全面改装もありです。そちらを直している暇がないので、少し放置ですが、ぼちぼち構築してゆきます。
それと、黒点病の枝に移ったものがちょっと見つからず、もしかしたら載せられないかも知れません。
季節は早く過ぎて行くようで、我が家のロウバイがすでに咲き始めました。庭にかすかに香りを漂わせています。

2008年11月28日 (金)

連休ですが・・・

久しぶりの連休ですが、昨日は寒くて、今日は雨で、結局何も庭の事していません。

そろそろ葉がなくなってきたバラや小さい鉢に植わっている挿し木したバラを植え替えようかと考えていたのですが、くじけました。せめて花がらつみでもと思ったのですが。

各種苗会社さんから来たカタログを見ながら、すごしています。暖かい日でないとやる気ないので、まあ植え替える土の配合も思案中ですし、まだいいか。

土はいつもは赤玉の極小と、堆肥(すでにクンタンとか混ぜてあるもの)、ケイ酸塩白土、ハイグリーンの配合なのですが、値段が高くなっているので、少し考えないといけないかもしれませんね。ハイグリーンでもすでに200円上がっているようです。

植え替えだけでも結構お金掛かりますが、全部の土替えではなく、部分的に入れ替えでやるほうがいいのかもしれません。

エンゼルトランペット、切り戻して植え替えて家のなかへ取り込みました。これで少し安心ですが、後はカカヤンバラ(暖かい地方のバラ)を植え替えて取り込むだけとなりました。

hotakaさんのところ行ったら、私のホームページ紹介してあったのですね。未完のままストップしてますが。何をやったらいいか分からず放置です。

2008年10月27日 (月)

春の花の球根などの植え替え、植え付けをしました。

今日は、午前中に球根を購入。午後2時ころより球根の植え付けなど行いました。

Pa270030

Pa270031

ちょっとぼけましたが、たいつり草(ケマン草)の植え替えの様子です。小さいプランターに植えてあったものを、今回は赤花2株小さいプランターへ植え付け、白花と、赤花1株づつをプラ鉢へ、もう一つ赤花は、早めに芽だしさせるため、陶器の鉢に植え付け室内管理をします。

Pa270032 Pa270033

この鉢には、つりがね草という球根を植え付け、パンジーを5株植え込みました。春にはつりがね草が真中より出てくるようにしてあります。この花は20センチくらいの高さになるので、ちょうど良くなると思います。

Pa270035 Pa270036

チューリップ「ブライトゼム」を咲きに植え付け、次に周囲にハーベルティアを植え付けました。ハーベルティアのほうが背が小さいのでこの構成になりました。

Pa270037 Pa270038

今度は逆で、スパラキシスの方が大きいので中央に、チューリップ「サクサテリス」を周囲に植え付けてあります。あとは、勢多農で買ってきたビオラをプランターに植え付けたのですが、残ってしまいまたあとで植え付ける予定です。パンジーは単体で残りは丸のプランターに植え付けました。

以前芽接ぎで遊んだ、ファザーズデイというバラのスタンダードを大きい陶器鉢に植え付け周りを名前を忘れましたが草で飾ってみました。

Pa270039

Pa270040

Pa270043

黄色いバラはフリージアで、下のバラは新入り君でザンガーハウザー・ユビレウムスローゼというバラです。今日我が家にない香りを持っていたので、つい買ってしまいました。

Pa270041 Pa270042

我が家の庭の一部ですが、バラがきれいに咲いてきました。地植えのバラたちはよく咲き始めたのですが、鉢植えはまだこれからのようです。

2008年10月24日 (金)

ノイバラの挿し木と、芽接ぎについて

ここ数日ノイバラの挿し木や芽接ぎのことで訪問してくださっている方が居るようですので、簡単に解説します。

ノイバラの挿し木の時期ですが、早い時期では6月からのほうが良いです。ただし枝が柔らかいので増殖目的以外はお勧めできません。接木の台木として利用したいのであれば、12月ごろからのバラの剪定時期に、他のバラと同じように剪定枝からさし穂が採れます。これですと、枝が堅くなっているので、スタンダード用や接木用の台木に利用できる挿し穂が採れます。挿し木は下を鉛筆のように削ります。挿し床は赤玉の単体や桐生砂の単体でおこないます。ポリポットに挿して、発泡スチロールの箱などに入れて無加温の温室や家の縁側で管理します。時期が来ると芽吹いて枝葉を展開してきますが、根は形成されてませんのでしばらくそのままで水をやりながら乾かさないようにします。春に暖かくなってきましたら、外へ出すことも可能です。ノイバラの花が咲きだすころには根が張ってきますが、液肥などで栽培を続けます。倒れないように地面に底が接するようにしておくとポットの下から根を伸ばし成長します。このまま続けて9月ごろから貼り芽接ぎが可能となります。ですがやはり良い時期はちょうど冬の剪定時期です。根付いてしまったポットのノイバラの根を切り、ポットから出して土を落とし根洗いします。そのノイバラに接ぎや芽接ぎを行います。T字法は意外と難しいの(木質部をとってしまうので表皮だけにする)で貼り芽接ぎ(接ぎたいバラの芽をそいでノイバラの台木の皮をそいでそこへ貼り付けるようにする)が良いと思います。終わったらまたポットなどに植えておくとあとの手間だ省けます。よく根を水ゴケでくるんでビニールに入れてうんうんとありますが、素人がやるには、そんなことにこだわらなくでも良いと思います。いずれにせよ接ぎ部分をきちんとテープで巻いて固定することを忘れずに。ニュー・メデール(株式会社アグリス)という接木テープが便利です。まあ、やり方はいろいろなところに情報があると思いますので探してみてください。ニュー・メデールがあれば素人でも簡単に出来ます。以上簡単そうでも難しいお話でした!?

私のブログの過去に載せてあったかも。ここにやり終わった後のもの、あ、ビニールに入ってますね。2008年1月実はその後すぐにかびることに気がつき、ポットに植え直しています。それとノイバラを挿してある様子がここにあります。

2008年10月 9日 (木)

野菜が大きくなりつつあります

秋蒔きの野菜たちが、だいぶ争って出てきました。かき菜はそろそろ間引きしないといけない状態になっています。今年はほうれん草の発芽率が悪く生えていない箇所もあります。野菜よりも草除けに2年ぐらい前に蒔いたヘアリーベッチのほうが強く、すで小さいつるを伸ばし始めています。これは強くて蒔いたことを後悔する場面もあります。一年草なんですがこぼれ種で増えています。畑に入り込んだやつは退治しないとひどい目にあいます。

ものによっては間引かないといけないものがあるのですが、もう少し様子を見て間引こうと思っています。秋のバラがぽつぽつ咲きだしていますが、今年はお見せできる代物ではないかもしれません。というのも、芽が出ないものや伸びが遅いものが多いのです。やはり剪定が遅くなったのが影響しているかもしれません。いずれまたご紹介します。

2008年10月 4日 (土)

ノイバラの鉢上げをしました。

今日は暑いくらいの良い天気でしたね。さすがにしばらく鉢のバラに水をやっていませんでしたら、一つ枯れそうになってしまいました。あわてて水やりを行いました。その勢いで挿し木にしたままになっていたノイバラを鉢に移し替えました。ノイバラはほとんど活着してましたが、茜富士は4本のみでした。これから大事に育てたいと思います。ノイバラは私が山で見出したピンクのノイバラです。来年春にはどういった花が咲くか楽しみです。このノイバラはとげがあり鍵爪状のものであることに今日気がつきました。かなり鋭いので気をつけないといけませんね。

あとカミキリムシの幼虫が入り込んだノイバラが3本あり、薬を注入しましたがまた様子を見て処置します。このままにしておくと突然春に枯れますからね。今年の春はそれでノイバラを一本とハマナスの白をやられました。ハマナスの白はあと一本になってしまいました。ノイバラはツクシイバラで、挿し木を採っていなかったものがやられてしまいました。こんな事がないように今年の冬は穂木をとっておこうと思っています。それと今日は買い物に行ったさいに花屋さんで処分品のハイビスカス赤と、オレンジ、秋明菊を2株、ガーデンシクラメンを2株をそれぞれ100円で購入。ハイビスカスは明らかに水切れでしたので、皿を置いて潅水したところ、半日で復活です。冬場には鉢替えして切り戻して家の中に入れておけば越冬します。秋明菊も早めに地面に植えておけば、根を伸ばしますから、来年用に何とかなるでしょう。ガーデンシクラメンもそれなりに管理すれば花が見られると思いますので、かなり得しました。

2008年10月 1日 (水)

ほうれん草の芽が出ました。

今朝久しぶりに畑を見ましたら、出てました、ほうれん草とかき菜の芽が。大根などもほとんど出揃っていました。これで何とかなると思いますが、虫除けでそろそろオルトランでもまきますか。もう少し寒さが増してくると家野中に引越ししなくてはならない植物たちもいます。なかなか気が抜けませんね園芸と菜園の世界は。

もう10月になってしまいましたが、先日日が過ぎるのが早い話をしてましたら、それは年を取った証拠だと、言われてしまいました。うーん、気は若いつもりなのですが、確かに無理はできませんね。

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと