音楽 Feed

2016年5月21日 (土)

今年の ユーロビジョンは

だいぶご無沙汰しています。もうacalaは死んだのではないかと噂されるくらい、

ご無沙汰です。

さて園芸とは関係ありませんが、今年のユーロビジョン2016はストックホルムで行われ、5月14日にファイナルで無事終了しました。いろいろと接戦ではありましたが、
ウクライナの歌手Jamaiaの歌う1944が優勝となりました。

複雑ですね。1944年は旧ソビエト体制下でウクライナが弾圧を受けた年です。

旧ソ連の指導者スターリンが同年、クリミア半島から先住民族タタール人を追放した時のことを描いた内容だ。クリミア半島はその後ウクライナに編入されていたが、2014年にロシアに併合された。
Jamaiaさん自身もクリミア出身のタタール人。プーチン・ロシア大統領によるウクライナ介入を非難する歌だと、欧州メディアは伝えている。
本人も決勝に先立つ英紙ガーディアンとの電話インタビューで、この歌には「戦後だけでなく、14年のこと」に対するメッセージも込められているとコメント。「ロシアの介入以降、故郷には帰っていない」「この2年間はとても悲しい思いをした」と話していた。
ユーロビジョンは政治的な歌詞を含む歌を避けるよう規則を定めているが、この歌は違反しないと判断された。
優勝トロフィーを手にしたJamaiaさんは「全ての人に平和と愛を」「ウクライナへ来てください」と語った。

さて、ヨーロッパ全土から集まる有能なアーティストの祭典ですが、予選で落ちてしまったアーティストにも素晴らしいものがあります。今年はファイナル4時間ほどの映像を見ることができ、とても満足しているacalaです。

さてその中に、ちょっときになるアーティストを紹介します。

有刺鉄線を挟んで歌う男女のアーティスト、何も言わなくても何となくわかってしまう演出。ヨーロッパは複雑です。でも世界のアーティストの魅力に日本の人ももっと触れて欲しいものです。

2015年5月11日 (月)

あまりにも美しい音楽「ミゼレーレ」

ミゼレーレの意は「神よ、我を憐みたまえ」で、旧約聖書51篇をもとにイタリアのグレゴリオ・アレグリが作曲したものです。この曲は門外不出とされ、システィーナ礼拝堂以外で記譜、演奏すると破門とされ、長い間その詳細は不明でした。しかし、神童モーツァルトが、2度聞いただけで採譜したと言われています。詳しくは、ネットをくぐってください。

言語はラテン語です。
Miserere mei, Deus: secundum magnam misericordiam tuam.
Et secundum multitudinem miserationum tuarum, dele iniquitatem meam.
Amplius lava me ab iniquitate mea: et a peccato meo munda me.
Quoniam iniquitatem meam ego cognosco: et peccatum meum contra me est semper.
Tibi soli peccavi, et malum coram te feci: ut justificeris in sermonibus tuis, et vincas cum judicaris.
Ecce enim in iniquitatibus conceptus sum: et in peccatis concepit me mater mea.
Ecce enim veritatem dilexisti: incerta et occulta sapientiae tuae manifestasti mihi.
Asperges me hysopo, et mundabor: lavabis me, et super nivem dealbabor.
Auditui meo dabis gaudium et laetitiam: et exsultabunt ossa humiliata.
Averte faciem tuam a peccatis meis: et omnes iniquitates meas dele.
Cor mundum crea in me, Deus: et spiritum rectum innova in visceribus meis.
Ne proiicias me a facie tua: et spiritum sanctum tuum ne auferas a me.
Redde mihi laetitiam salutaris tui: et spiritu principali confirma me.
Docebo iniquos vias tuas: et impii ad te convertentur.
Libera me de sanguinibus, Deus, Deus salutis meae: et exsultabit lingua mea justitiam tuam.
Domine, labia mea aperies: et os meum annuntiabit laudem tuam.
Quoniam si voluisses sacrificium, dedissem utique: holocaustis non delectaberis.
Sacrificium Deo spiritus contribulatus: cor contritum, et humiliatum, Deus, non despicies.
Benigne fac, Domine, in bona voluntate tua Sion: ut aedificentur muri Ierusalem.
Tunc acceptabis sacrificium justitiae, oblationes, et holocausta: tunc imponent super altare tuum vitulos.

英訳
この英訳は、1662年の聖公会祈祷書、およびノヴェロ・アンド・カンパニー(英語版)によって出版されたアイヴァー・アトキンス(英語版)による『ミゼレーレ』英語版による。
Have mercy upon me, O God, after Thy great goodness
According to the multitude of Thy mercies do away mine offences.
Wash me throughly from my wickedness: and cleanse me from my sin.
For I acknowledge my faults: and my sin is ever before me.
Against Thee only have I sinned, and done this evil in thy sight: that Thou mightest be justified in Thy saying, and clear when Thou art judged.
Behold, I was shapen in wickedness: and in sin hath my mother conceived me.
But lo, Thou requirest truth in the inward parts: and shalt make me to understand wisdom secretly.
Thou shalt purge me with hyssop, and I shall be clean: Thou shalt wash me, and I shall be whiter than snow.
Thou shalt make me hear of joy and gladness: that the bones which Thou hast broken may rejoice.
Turn Thy face from my sins: and put out all my misdeeds.
Make me a clean heart, O God: and renew a right spirit within me.
Cast me not away from Thy presence: and take not Thy Holy Spirit from me.
O give me the comfort of Thy help again: and stablish me with Thy free Spirit.
Then shall I teach Thy ways unto the wicked: and sinners shall be converted unto Thee.
Deliver me from blood-guiltiness, O God, Thou that art the God of my health: and my tongue shall sing of Thy righteousness.
Thou shalt open my lips, O Lord: and my mouth shall shew Thy praise.
For Thou desirest no sacrifice, else would I give it Thee: but Thou delightest not in burnt-offerings.
The sacrifice of God is a troubled spirit: a broken and contrite heart, O God, shalt Thou not despise.
O be favourable and gracious unto Sion: build Thou the walls of Jerusalem.
Then shalt Thou be pleased with the sacrifice of righteousness, with the burnt-offerings and oblations: then shall they offer young calves upon Thine altar.

日本語は旧約聖書
「詩編51篇」
ダビデは家臣ウリヤの妻バト・シェバを奪いました。そればかりかウリヤを戦場に追いやり、戦死させたのです。預言者ナタンはダビデを責め、神はダビデとバト・シェバの子の命を奪われました。ダビデは自分の罪を悔い、神に祈るのです。

神よ、慈しみによって、わたしを顧み、
豊かな憐みによって、
わたしの咎を消し去ってください。
悪に染まったわたしを洗い、
罪に汚れたわたしを清めてください。

わたしは自分の咎を認めます。
わたしの罪はいつも目の前にあります。
わたしはあなたに、ただあなたに罪を犯し、
あなたの前で悪を行いました。
それ故、宣告を下されても、あなたは正しい。
裁かれても、あなたは責められることがありません。
実に、あなたは心の底のまことを望み、
わたしの心の奥に知恵を授けられます。
ヒソプをもってわたしを清めてください。
わたしは清くなるでしょう。
わたしを洗ってください。
雪より白くなるでしょう。
楽しみと喜びの声を聞かせてください。
あなたに砕かれた骨は喜び躍るでしょう。

み顔を背けて、わたしの罪を見ず、
わたしの悪をすべて消し去ってください。
神よ、わたしのうちに清い心をつくり、
わたしの霊を強めて、新たなものとしてください。
わたしをみ前から退けず、
あなたの聖なる霊をわたしから取り去らないでください。
救いの喜びをわたしに返し、
あなたの大らかな霊によって、わたしを支えてください。

わたしは咎ある人々にあなたの道を教え
罪人らをみもとに立ち返らせます。
神よ、わたしの救いの神よ、
死の嘆きからわたしを救ってください。
わたしの舌はあなたの正しさを声高らかに歌いましょう。
主よ、わたしの唇を開いてください。
わたしの口はあなたの誉れを宣べ伝えましょう。
あなたは犠牲を喜ばれず、
わたしが焼き尽くす献げ物をささげても、
それを喜ばれません。
悔いる霊こそ、この上ない犠牲。
神よ、あなたはへりくだった悔いる心を
さげすまれません。

み旨のままにシオンを美しくし
エルサレムの城壁を再び築きあげてください。
そのとき、あなたは正しい犠牲を喜ばれます。
正しい犠牲と焼き尽くす献げ物とを。
その時、あなたの祭壇に雄牛がささげられるでしょう。

2015年3月16日 (月)

Sieneke(シネケ)

Sieneke(シネケ)は、1992年4月1日生まれ、本名は、Sieneke Ashley Kristel Peeters。オランダはナイメーヘンの出身。
2010年、ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2010のオランダ代表を選考する オランダ・ナショナル・ソング・フェスティバル 2010に参加した。オランダでは、代表曲が先に決められており、オランダ代表を選考する際に歌い、視聴者の投票により決められる。ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2010では、セミファイナル2で、14位となり落選であった。

Officiele Videoclip van Sieneke - Doe Dat Nooit Meer
YouTube: Officiele Videoclip van Sieneke - Doe Dat Nooit Meer

Jelena Tomasevic- Okeani

Jelena Tomasevic(イェレナ・トマシェヴィッチ)は、セルビアはネゴティン出身、1983年11月1日生まれのポップス歌手です。

民謡グループ Kud Abrasevicでボーカルの一人として活躍し、ヨーロッパ中で、数々のコンテストで賞を受賞しています。
2004年、ユーロビジョンソングコンテストのセルビア・モンテネグロ代表を選出する Evropesmaへの参加を果たしましたが、惜しくも落選。このときに歌った曲 『Jutro』は、バルカン半島で人気が高い セルビアの歌手 Željko Joksimovićが作曲したものです。
2006年には、セルビアとモンテネグロが、それぞれ国家として独立。2008年、デビューアルバム 『Panta Rei』をリリース。この年、セルビア代表として、ユーロビジョン・ソング・コンテストに参加、決勝まで勝ち進み、結果は6位でした。

Jutro - Jelena Tomasevic
YouTube: Jutro - Jelena Tomasevic

Jelena Tomašević - Okeani [English Subtitles]
YouTube: Jelena Tomašević - Okeani [English Subtitles]

2015年2月 8日 (日)

Молитва ”(マリツヴァ)祈り”

”祈り”という名前を持つ歌は多く、どれも心をうつ詞と、美しいメロディーを持っています。”祈り”それは犯してはならない聖なる行為なのです。。
ロシアは宗教観の薄い国ですが、根底にはロシア正教の宗教観が流れています。
今回紹介するМолитваはロシアのバルド(フォクシンガー)Жанна Бичевская(ジャンナ・ビチェフスカヤ)の歌です。

 あわただしい日々の暮らしの中で、心がささくれだっていくのはどこの国の人間だって同じで、ヒーリング系音楽と呼ばれる癒し系の音楽がもてはやされたこともありました。祈りに癒しを求めるのも、祈りを持たない人々が音楽などに癒しを求めるのも、自分が安らげて自分と向かい合う時間や雰囲気を欲しているからだと思います。
どんなに強い人だって”虐げられた”と自分の弱さを目にすることはあるもので、往々にして思うに任せない時ですが、そんな時は癒しが必要です。疲れた心ほどわずかな言葉の煌きに心打たれるものです。
音楽と時として人を昂ぶらせ、時として人を癒すものです。人とはかくも弱いものです。曲を聴く

YouTubeから本人の曲は見つかりませんでしたの、曲のみです。

2015年2月 7日 (土)

Не корите меня (私を責めないで)

19世紀のロシア、貴族の社交場の夜会で歌われ、演奏されたロシアン・ロマンスの名曲です。アンナ・ゲルマンのところでもありましたが、帝政時代に好まれた曲が今ではロシア民謡のような形で残っています。

Не корите меня, не браните

私を責めないで
Не корите меня, не браните,
Не любить я его не могла,
Полюбивши же все, что имела,
Все ему я тогда отдала.

 

私を責めないで 叱らないで
愛さずに入られなかったの
愛してしまったから 何もかも
あの人にあげてしまった
Посмотрите, что стало со мною,
Где девалась моя красота,
Где румянец, что спорил с зарею,
Где волнистых волос густота.

 

私に何が残ったの
美しかった頃の私はどこへ
朝焼けよりも赤い頬はどこへ
ふさふさ波打つ髪はどこへ
Где девичий мой смех серебристый,
Где беспечная резвость моя,
Все ему одному безраздельно
Отдала безрассудная я.

 

少女の頃の明るい笑い声はどこへ
お茶目でのんきな私はどこへ
何でもあの人だけにあげてしまった
何も考えなかった私
Я готова забыть свое горе
И простить ему все его зло,
Не корите ж меня, не браните,
Мне и так тяжело, тяжело.
Не корите ж меня, не браните,
Мне и так тяжело, тяжело.
悲しみは忘れましょう
あの人の悪いところはゆるしてあげる
だから私を責めないで 叱らないで
私だってつらいの とてもつらいの
だから私を責めないで 叱らないで
私だってつらいの とてもつらいの

Не корите меня (русская народная песня)
YouTube: Не корите меня (русская народная песня)

Анна Герман Колыбельная

アンナ ゲルマンの子守唄

子守唄にはいろいろありますが、今回はロシアのアンナ ハーマンの子守唄を紹介します。
Анна Герман(1936年2月14日~1982年8月26日)は、ウズベキスタンで生まれポーランドに移住しました。ロシア語で歌を歌っていたソビエト時代の大御所歌手です。19世紀、帝政ロシア時代に情緒的でメランコリックなロマンスと呼ばれる宮廷音楽がロシアで流行りました。その美しいメロディーと感動的な詩はソビエト時代にも好まれ、アンナ・ゲルマンはロマンス歌いとして登場してきました。美貌と美声と歌唱力を誇った歌手でクラシックから流行歌まで幅広く歌い活躍した歌手です。

Анна Герман. Колыбельная
YouTube: Анна Герман. Колыбельная


2015年2月 2日 (月)

ドイツのパガンフォークグループ Faun

今回紹介するのは、ドイツのパガンフォークグループのFaun(パン、ファン、牧神)というグループです。彼らの歌は、中世の音楽にも似た曲想と楽器の使用です。パガンとは異教(徒)を意味します。つまり彼らの音楽はネオ中世音楽というもので、独特なものです。ヨーロッパでは自然回帰という思想が現在多く存在し、それを実践している人たちが多く存在します。キリスト教離れが起きていることも事実です。限界を感じる人、人は自然の中で生きるべきというナチュラルを超えた考え方が増えてきているということです。それに伴い、キリスト教では異教徒とされた昔の土着の宗教を掘り起こし、実践する人たちまでいます。中世はそれを悪魔の仕業、魔女として弾圧しました。しかしそれは間違いで、彼ら彼女らは自然を利用した医学的知識や自然の恵みをよく知っていた人たちでした。中世にキリスト教では、そんな技術体系を異端としました。それがなければ、ヨーロッパは100年以上文明が進んでいたと言われます。すべてがキリスト教の無知な者たちの仕業でした。しかしキリスト文化が悪いというのではありません。それによって文化が大きく変化したこともあるからです。本当であるなら、融合した文化がもっと豊かな生活を産んでいたかもしれませんね。

FAUN
YouTube: FAUN "Tanz mit mir" (Duett mit Santiano) [Teaser | HD]

FAUN
YouTube: FAUN "Mit dem Wind" [Teaser | HD]

公式サイトはここ

2015年1月19日 (月)

クリミア・タタールの歌「嗚呼、美しいクリミア」

Ey, güzel Qırım!

歌は楽しいときに歌うものだけはありません。そこには故郷を追われた民族の
悲しみもあります。今回はそんな歌を紹介します。

ソビエト社会主義人民共和國は、クリミア・タタール人を1944年に強制追放しました。そんな彼らは追放された後に、祖国を思って作りました、物悲しい歌を。
ソビエト時代はそんな悲しいことがいくつも起きていました。故郷を追われた民族はいくらでもいました。時には迫害を受け、数千人しかいない民族もいます。悲しい歴史が
そこにはあります。
東ヨーロッパには幾つもそんな物語あります。橋一つで裂かれたしまった恋人たち。
家族兄弟たち。以前は何考えずに暮らしていたのに、民族運動の為に破壊された村や
町。民族が違うからといって、人が人を迫害して良いのでしょうか?
故郷の村や町を追い出されてよいのでしょうか?

Aluşta’dan esken yeller yüzüme urdı.

Aluşta'dan esen yeller Yüzüme vurdu.

アルシュタから吹く風が私の顔にあたる

Balalıqtan ösken evge közyaşım tüşti. 

Balalıktan büyüdüğüm yerler Gözyaşım düştü.

子どもころから育った土地に私の涙がこぼれる

Men bu yerde yaşalmadım, 

Ben bu yerde yaşayamadım,

私はこの土地で生きられなかった

Yaşlığıma toyalmadım, 

Gençliğime doyamadım,

少年時代を満足できなかった

Vatanıma asret oldım 

Vatanıma hasret oldum,

私の祖国が恋しい

Ey, güzel Qırım

Ey, güzel Kırım.

嗚呼、美しいクリミア

Baqçaları, meyvaları bal ile şerbet 

Bahçeleri, meyveleri Bal ile şerbet.

庭の果実、蜂蜜とシャーベット

Sularını içe içe toyalmadım men. 

Sularını içe içe Doyamadım ben.

水を飲みながら、満足できなかった

Men bu yerde yaşalmadım, 

Ben bu yerde yaşayamadım,

私はこの土地で生きられなかった

Yaşlığıma toyalmadım, 

Gençliğime doyamadım,

少年時代を満足できなかった

Vatanıma asret oldım 

Vatanıma hasret oldum,

私の祖国が恋しい

Ey, güzel Qırım

Ey, güzel Kırım.

嗚呼、美しいクリミア

Bala-çağa Vatanım dep,

Çoluk-çocuk vatanım diye,

多くの子ども達の祖国と言い、

Közyaşın töke.

Gözyaşı döker,

涙が流れる

Qartlarımız ellin cayıp,

Yaşlılarımız el açıp,

老人達が手を広げ

Duvalar ete.

Dualar eder.

祈りを捧げる

Men bu yerde yaşalmadım, 

Ben bu yerde yaşayamadım,

私はこの土地で生きられなかった

Yaşlığıma toyalmadım, 

Gençliğime doyamadım,

少年時代を満足できなかった

Vatanıma asret oldım 

Vatanıma hasret oldum,

私の祖国が恋しい

Ey, güzel Qırım  

Ey, güzel Kırım.

嗚呼、美しいクリミア

Köze köze toyalmadım

Geze geze doyamadım

歩いても歩いても満足できなかった

Heryerlere baralmadım

Her yerıne gidemedim

全ての場所には行けなかった

Vatanıma asret oldım

Vatanıma hasret oldum,

祖国が恋しい

Ey, güzel Qırım

Ey, güzel Kırım.

嗚呼、美しいクリミアよ

Ey gözəl Kırım_ Ey güzel Kırım
YouTube: Ey gözəl Kırım_ Ey güzel Kırım

百万本のバラの原曲

先ほどiPad Airから書き込みテストしたが、やはりこのシステムでは書き込みが
なぜかできなかった。

さて、タイトルについてお話を進めます。音楽には国境を越えて歌われる名曲が
たくさんあります。百万本のバラもその一つです。英語で言えばmillion rosesだったと思います。皆さんもよく知っているかもしれないこの百万本のバラですが、加藤登紀子
が歌っていましたよね。違う方も歌ってはいますが、歌詞の違うものがあります。
なぜでしょうか?
実は原曲が存在します。ラトビアにその歌はありました。マーラが与えた人生という
曲です。詳しくはウイキペディアでご確認ください。

Dāvāja Māriņa

マーラが与えた人生

Kad bērnībā, bērnībā
Man tika pāri nodarīts,
Es pasteidzos, pasteidzos
Tad māti uzmeklēt tūlīt,
Lai ieķertos, ieķertos,
Ar rokām viņas priekšautā.
Un māte man, māte man
Tad pasmējusies teica tā:
 
Piedz.
Dāvāja, dāvāja, dāvāja Māriņa
Meitiņai, meitiņai, meitiņai mūžiņu,
Aizmirsa, aizmirsa, aizmirsa iedot vien
Meitiņai, meitiņai, meitiņai laimīti.
  子供のころ泣かされると 
 母に寄り添って 
 なぐさめてもらった 
 そんなとき母は笑みを浮かべてささやいた 
 「マーラは娘に生を与えたけど幸せはあげ忘れた」 
 
 
Tā gāja laiks, gāja laiks,
Un nu jau mātes līdzās nav.
Vien pašai man, pašai man
Ar visu jātiek galā jau.
Bet brīžos tais, brīžos tais,
Kad sirds smeldz sāpju rūgtumā
Es pati sev, pati sev
Tad pasmējusies saku tā:
 
Piedz.
Dāvāja, dāvāja, dāvāja Māriņa
Meitiņai, meitiņai, meitiņai mūžiņu,
Aizmirsa, aizmirsa, aizmirsa iedot vien
Meitiņai, meitiņai, meitiņai laimīti.
 時が経って、もう母はいない 
 今は一人で生きなくてはならない 
 母を思いだして寂しさに駆られると 
 同じ事を一人つぶやく私がいる 
 「マーラは娘に生を与えたけど幸せはあげ忘れた」 
 
 
Kā aizmirsies, aizmirsies
Man viss jau dienu rūpestos,
Līdz piepeši, piepeši
Nopārsteiguma satrūkstos,
Jo dzirdu es,dzirdu es,
Kā pati savā nodabā
Čukstklusiņām, klusiņām
Jau mana meita smaidot tā:
 
Piedz.
Dāvāja, dāvāja, dāvāja Māriņa
Meitiņai, meitiņai, meitiņai mūžiņu,
Aizmirsa, aizmirsa, aizmirsa iedot vien
Meitiņai, meitiņai, meitiņai laimīti.
 

 そんなことすっかり忘れていたけど 
 ある日突然驚いた 
 今度は私の娘が 
 笑みを浮かべて口ずさんでいる 
 「マーラは娘に生を与えたけど幸せはあげ忘れた」 

 
 Mūzikas autors – Raimonds Pauls   Teksta autors – Leons Briedis
  日本語訳 黒沢歩 様  唄Aija Kulele

 

Dāvāja Māriņa - A. Kukule - Mikrofons 1981
YouTube: Dāvāja Māriņa - A. Kukule - Mikrofons 1981


 

このネタ、もしかして前にも書いたかも。
世界にはとても良い曲があります。日本では知られていない曲もありますが、
ぜひ、いろいろな国の曲を聴いてみてください。

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと