« 聖ルチア祭 (Sancta Lucia、または聖ルチアの日) | メイン | 周囲の様子 »

2015年5月24日 (日)

2015年庭に咲くバラ6

バラの季節もそろそろ終盤戦になってきました。これでもかとバラたちも頑張っています。Img_0707これはポールズ・ヒマラヤン・ムンスクです。ノイバラのようにたくさん群れて咲きとても可愛い花です。しかし鋭いトゲを持っています。

Img_0715名前は忘れましたが、これも原種系だったと思います。一重のとても丈夫なバラです。これも鋭いトゲを持っています。

Img_0717これはよくノイバラの赤い花と間違われるキングローズです。葉の形から姿格好はノイバラそっくりですが、花がこのように違います。ノイバラに赤はありません。間違わないようにしてくださいね。以前に私が紹介したピンクが乗るノイバラまでです。それ以上のものは交雑種です。

Img_0719カラフトイバラです。自然界では絶滅危惧種に指定されています。北海道からカラフトまで自生していますが、長野県と群馬県の一部地域で特定の場所でなぜか自生が認められています。当然絶滅危惧種です。

Img_0721オヤバラです。私のホームページに詳細は書かれてありますのでそちらを参照ください。一応ツクシイバラですので、ツクシイバラとしておきます。この植え込みには、ノイバラとツクシイバラとこのオヤバラが混在しています。

Img_0725これがその植え込み場所です。満開になるととても綺麗ですよ。ツクシイバラはノイバラが終わった頃に咲きがしますので、どうみてもノイバラの一種とは違いますよね。日本の自生している原種バラは20種ほどあると言われていますが、それぞれ特徴はあるのだとは思いますが、私にもわからないものもあります。今一番欲しいのは、オオタカネイバラ、タカネイバラ、山イバラですね。山イバラは絶滅危惧種で、めったに見られません。関東にはありません。関西以南ですかね。大型のノバラです。花は大輪で一重だそうです。ここを参照してください。

コメント

コメントを投稿

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと