« 久しぶりに庭に出ました。 | メイン | Анна Герман Колыбельная »

2015年2月 2日 (月)

ドイツのパガンフォークグループ Faun

今回紹介するのは、ドイツのパガンフォークグループのFaun(パン、ファン、牧神)というグループです。彼らの歌は、中世の音楽にも似た曲想と楽器の使用です。パガンとは異教(徒)を意味します。つまり彼らの音楽はネオ中世音楽というもので、独特なものです。ヨーロッパでは自然回帰という思想が現在多く存在し、それを実践している人たちが多く存在します。キリスト教離れが起きていることも事実です。限界を感じる人、人は自然の中で生きるべきというナチュラルを超えた考え方が増えてきているということです。それに伴い、キリスト教では異教徒とされた昔の土着の宗教を掘り起こし、実践する人たちまでいます。中世はそれを悪魔の仕業、魔女として弾圧しました。しかしそれは間違いで、彼ら彼女らは自然を利用した医学的知識や自然の恵みをよく知っていた人たちでした。中世にキリスト教では、そんな技術体系を異端としました。それがなければ、ヨーロッパは100年以上文明が進んでいたと言われます。すべてがキリスト教の無知な者たちの仕業でした。しかしキリスト文化が悪いというのではありません。それによって文化が大きく変化したこともあるからです。本当であるなら、融合した文化がもっと豊かな生活を産んでいたかもしれませんね。

FAUN
YouTube: FAUN "Tanz mit mir" (Duett mit Santiano) [Teaser | HD]

FAUN
YouTube: FAUN "Mit dem Wind" [Teaser | HD]

公式サイトはここ

コメント

コメントを投稿

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと