« 暑いですが、やっと梅雨明けですね | メイン | リンゴとブドウの袋がけの様子 »

2011年7月11日 (月)

ブドウとリンゴの袋がけ

今年、ブドウは消毒を3回行った為か、病気も押さえ込めて実が成りました。今年は何とかブドウの収穫を夢見て房の手入れをしながら袋がけをしました。勘定はしてないのですが、10房くらいはあったかと思います。品種はネヘレスコールです。欧州種である為、本来は雨よけが必要で、日本ではすぐに病気になってしまいます。ですから、露地栽培では消毒は欠かせないのです。雨が当たらないような設備があれば、ネヘレスコールの特徴ある房になるのですが。ブドウは9日に袋がけを行いました。今日見たらやはりかけ忘れた房が一つありました。それと大きい房では袋が小さく下が裂けてしまった袋があったので二重にかけ直しました。特大の袋がなく、あれば苦労しなかったかと思いますし、これから実が大きくなるときっと袋を破ってしまうのでは。雨に当てるわけにいかないのですが、様子見ですね。

 

リンゴは今日袋がけをしました。100枚入りの袋かと思ったのですが、どうも50枚だったようで、すぐに終わってしまいました。我が家のリンゴは王林で受粉木はいりませんので楽ですし、簡単です。リンゴは昔よく台風の時には倒れました。根がよく張っていなかった為でしょう。今は根も張ったのか倒れなくなりました。毎年よく成るのですが、昨年は何もせずだめにしてしまいましたが、今年はまたやる気が出てきたので、袋がけを決行した次第です。もう50枚くらい袋を購入しないと全部かけ終わらないかと思います。一つの短枝に一個の実にして袋をかけます。そうすることで、実を大きくできます。

 

今年はどうでしょうか。ブドウも、リンゴも食べられるととてもうれしいのですが。残念ながら、ポポーの方は実成が少ないようです。

コメント

こんばんわ。
暑い中・・頑張りましたね。happy01

わが庭にも、以前に葡萄の樹ありました。寿命か枯らしてしまって今はないです。

 実のなる樹があるのは楽しみですよね。厳しき連日の猛暑に注意なされて楽しみの園芸を続けてくださいね。

暑い日が続きますが、hotakaさんも気をつけてください。
確かに実の成るものがあると楽しいですよね。野菜もいいですが、果樹も楽しいです。毎日できればいいのですが。サラリーマンでは難しいですね。

コメントを投稿

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと