« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月17日 (日)

ブドウに薬剤散布しました

カナブンが増えてきましたので、ブドウ棚にかなりのカナブンが集合をはじめました。ブドウの葉を守る為に、薬剤散布を行いました。その前にリンゴの袋がけがまだ完全に終了していませんでしたので、息子に頼んで残りを片付けてもらいました。

今回使用した薬剤は、粉状の薬で、ディプテレックス粉剤です。粉状ですので風のあるときはできませんので今日のような無風の時が最適です。

DSCF1997

DSCF1998

DSCF1999

このように白くなるまで散布が必要で、一度付くと粉の残留度が高まります。当然風で飛ばされる事も考慮に入れなければなりませんが、作物自体には無害です。あまりやりたくないのですが、これをしないとカナブンに丸坊主にさられてしまいます。実は大白大豆にも付いているのですが、こちらは適応がないので、違う方法を考えないといけません。

雑誌の紹介

農文教から出版の現代農業8月号は、今回はとてもおもしろいです。「いま、昔の農業をヒントにする」という題で、昔の人がやっていた農作業を掘り起こして、今の農業に役立てようという記事が満載です。

でひ、この雑誌を見ていただき、菜園や農業に役立ててください。私も後でじっくり読んでみるつもりです。現代農業は定期購読していますが、結構いろいろおもしろい記事があるので、興味ある方は購読してみると良いと思います。

2011年7月15日 (金)

菜園の様子

菜園の方は、かなり良い状態になってきました。今年の大白大豆は、背丈も大きく伸びており、紫の花もそろそろ終わりになるようです。これもカナブンの食害が激しく、薬剤散布が必要となりそうです。ただ農薬に適応がなかったかもしれません。

DSCF1990

きゅうりも、種から育てたのですが、勢いも良くなり順調です。もう食べられるようになり、収穫ができるようになってきました。

DSCF1991

キュウリに間には大白大豆が植えてあります。この区域もかなり大きな背丈になってしまっていました。

次はナスですが、これも種から育て、間に合わないかとヤキモキしていたのですが、何とか追いついてきているようです。間に植えてあるのはバジルですが、スイートバジルとシナモンバジルです。ナスも千両二号と水ナスが植えてあります。

DSCF1992

次はミニトマトとバジルです。トマトはアイコとイエローアイコ、レッドオーレです。こちらは少し遅れ気味です。今年は苗は購入せず全部種からやっています。あ、ゴーヤは発芽しなかったので仕方ないので購入しましたが。

DSCF1993

狭い場所に幾つも植え付けているので、菜園は混雑しています。それだけでなく、植え付ける場所がないので、放置されている苗がまだ幾つもあります。

リンゴとブドウの袋がけの様子

リンゴとブドウの袋をかけた様子をちょっと写真に撮りましたので掲載します。

DSCF1988

リンゴの袋をかけた状態です。短枝に一つだけ実を残して、後は落としています。その一つにした実に袋をかけてあります。どうも袋は100枚あったようで、実はまだ足りないので購入しましたが、まだかけていません。近々袋をかけたいと思いますが、この暑さなのでちょっと今日もためらいました。

DSCF1989

奥に見えるのはリンゴです。手前にあるのがブドウの袋をかけたものです。今年のブドウはなぜか勢いもよく、蔓が伸びてどうしようもありません。隣にあるリンゴの木にも登りはじめています。そろそろ、カナブンよけの薬を散布しないと葉を丸坊主にされてしまいます。そうすると樹勢が衰えてしまいます。葉を確認すると食害の後と成虫がいるのが確認できました。早々に行う予定です。

2011年7月11日 (月)

ブドウとリンゴの袋がけ

今年、ブドウは消毒を3回行った為か、病気も押さえ込めて実が成りました。今年は何とかブドウの収穫を夢見て房の手入れをしながら袋がけをしました。勘定はしてないのですが、10房くらいはあったかと思います。品種はネヘレスコールです。欧州種である為、本来は雨よけが必要で、日本ではすぐに病気になってしまいます。ですから、露地栽培では消毒は欠かせないのです。雨が当たらないような設備があれば、ネヘレスコールの特徴ある房になるのですが。ブドウは9日に袋がけを行いました。今日見たらやはりかけ忘れた房が一つありました。それと大きい房では袋が小さく下が裂けてしまった袋があったので二重にかけ直しました。特大の袋がなく、あれば苦労しなかったかと思いますし、これから実が大きくなるときっと袋を破ってしまうのでは。雨に当てるわけにいかないのですが、様子見ですね。

 

リンゴは今日袋がけをしました。100枚入りの袋かと思ったのですが、どうも50枚だったようで、すぐに終わってしまいました。我が家のリンゴは王林で受粉木はいりませんので楽ですし、簡単です。リンゴは昔よく台風の時には倒れました。根がよく張っていなかった為でしょう。今は根も張ったのか倒れなくなりました。毎年よく成るのですが、昨年は何もせずだめにしてしまいましたが、今年はまたやる気が出てきたので、袋がけを決行した次第です。もう50枚くらい袋を購入しないと全部かけ終わらないかと思います。一つの短枝に一個の実にして袋をかけます。そうすることで、実を大きくできます。

 

今年はどうでしょうか。ブドウも、リンゴも食べられるととてもうれしいのですが。残念ながら、ポポーの方は実成が少ないようです。

暑いですが、やっと梅雨明けですね

とても暑い日が続きますが、熱中症にならないよう対策してくださいね。
さて、しばらく更新をしていませんでしたが、まだバラの写真やら載せていないものも
たくさんあります。
我が家は、農業の遮光ネット90%を東側の窓と南側の窓に取り付けました。
外壁にネジをつけ、遮光ネットをひもで吊るようにして行いました。
少しは熱をカットできるかと思ったのですが、近所では変な家と思われているようです。
知っている人は近所のおばさんに説明していました(庭にいたときその会話を聞いてしまったのです)。
結果は、日射を遮り少しだけですが、室温が落ちているようです。今日一日エアコンなしで過ごせたようです(私は庭仕事していたので)。庭から家に戻ると少しひんやりしている感じもありましたので、効果は出ていると思います。

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと