« 我が家のバラ4 | メイン | 我が家のバラ5 »

2011年6月 2日 (木)

庭に咲く花7

梅雨入りとなりきれいに咲いている花も雨も重さに負けてうなだれています。バラはみんな枝をたれ、せっかくの花も台無しになっています。
さて、庭ではバラ以外の花がまだまだ咲いています。今はバラが一番多く咲いていますが、その陰では違う花もきれいに咲いています。

DSCF1754

DSCF1755

これは以前佐渡島で買い求めた、佐渡で育苗された百合だそうです。幾つかあるのですが、今回咲いているのを確認したのはこの二種です。これからは百合の系統が咲き始めます。すかし百合、鹿の子百合、オニユリ、ヤマユリ。百合と言ってもいろいろあり、日本の原種でもすばらしい物がたくさんあります。ササユリ、サメトモユリ、それこそその土地にしかない貴重種もあります。知っていますか?ヤマユリは今絶滅危惧種になりつつある事。あるところには群生しているのですが、でもその原生も少なくなってきているようです。

残念な事に日本の植物はその危機に全種が遭遇しているようです。特に水辺の植物はかなりの数が姿を消しています。そんな事で良いのでしょうか?どこにでも生えていたノイバラでさえその姿を見つける事が難しくなっています。そして植物のハイブリット化も問題視されています。すばらしい田園風景は消え去り、畑には住宅が建ち並んでいます。私たちはこれからどうして行くのでしょうか。自分の国の自然や農業も守れないなんて。先進国では最下位だそうですよ。食糧の自給率と自然破壊は。
すいませんがまだ咲いている花はあると思いますが、また探して載せてみます。

コメント

>すばらしい田園風景は消え去り、畑には住宅が建ち並んでいます。私たちはこれからどうして行くのでしょうか。自分の国の自然や農業も守れないなんて。先進国では最下位だそうですよ。食糧の自給率と自然破壊は。

まさにその通りですね。

雫も鮮明に・・梅雨にも負けず咲いてる花々には癒されると思います。
 激務の折の、戦士の休息ですね。いや、acale様も今は将でありますから、自分に厳しく人に優しくで、自分の好きな時間と趣味を大切にしてくださいね。

hotakaさんコメントありがとうございます。なかなか上に立つというのは難しい物であります。もっと適任者がいたのではないかとつい思ってしまいます。
趣味にもう少し時間が欲しいのは確かであります。

コメントを投稿

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと