« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月24日 (日)

野菜の種まき

先日21日に、野菜の種まきを一気にやってしまいました。21日は満月の大潮から3日過ぎでしたが、まだ大潮の時でしたので間に合うかと思いながらの作業でした。ただ月齢からするともうかなり欠け始めていますのでちからはすこし弱いかもしれませんね。

今回はすべてセルトレー蒔きとしました。芽が出れば本来はポット上げという手順なのですが、今回は暇がないので、ピットのまま植え付けをしてしまおうかと横着を考えています。

DSCF1334

DSCF1335

自家採取したゴーヤの種をトレーに蒔きます。トレーには養土を入れ水でなじませておきます。そこへ種を蒔いて行きますが大きい種は少し押し入れるようにして蒔きます。その上にさらに養土を入れ覆土します。

DSCF1336

これも自家採取のカボチャです。同じように蒔いて行きます。

DSCF1337

DSCF1338

DSCF1339

DSCF1340

スイカ、中玉トマト、ミニトマト、キュウリ、ナス、バジル、モロヘイヤ、四角豆、大白大豆も同様に蒔いて行きました。このとき名札をつけておかないと、わからなくなってしまいます。

DSCF1341

DSCF1342

128穴のトレーを使いましたので、このようにどこへ蒔いたかわからなくなってしまいますので名札を立ててわかるようにしました。このトレイを息子が畝立てした畑に換気穴の空いたビニールトンネルに収納しました。

DSCF1343

DSCF1344

本来ならこの時期にはもう少し気温が高いと思っていましたが、意外と気温差が大きいので、換気穴の空いたビニールを使用してみました。例年は穴のないものを利用するのですが、開け忘れるとトンネル内の温度が急上昇してしまい、種をだめにしてしまうので今回はそれも考え穴あきにしました。本来は周囲は土に埋めるのですが、私はいつでも剥ぐことが出来るようにレンガなどで飛ばないくらいにして置いてます。これですと水やりも楽なので。それと支柱とビニールにはクリップで留めてあるので、ずれることがありません。最近はこういった便利なものも売っているのでおもしろいですね。

2011年4月19日 (火)

ポポーとリンゴ

今日夕方に庭に出るとポポーとリンゴの花が咲いているのを見つけました。

DSCF1331

DSCF1333

リンゴは5分咲くらいで、ポポーもだいぶ花が咲いてきました。今年はどうでしょうか。ポポーは豊作のような気がしますが、リンゴは少し面倒を見ないといけません。今年もそんな暇があるのか心配です。

庭に咲く花3

なぜこんなに忙しいのかと思われるほど、庭のことに専念できない生活が続いています。ですが、庭の花の開花は待ってくれません。次から次へと咲き出しています。

DSCF1322

本格的に桜草に季節がやってきました。植え替えした桜草が、順次咲き出してきています。これは以前にも紹介した、勢多農林高等学校が、赤城山に自生している桜草保護の目的で増やして販売しているものです。園芸種にはない自然みあふれる桜草です。

DSCF1326

これはシキミの花です。今年は花数がちょっと例年より少ない感じがします。シキミ自体には毒があります。ですが、昔から香の基礎として使われてきました。乾燥したシキミを燃やすとほのかに香りますが、現在は禁止されているようですね。

DSCF1327

ムスカリですが、我が家の庭では野生化しつつあります。あちらこちらに生えています。というのも以前私が、球根を土ごと捨てものや、ほったらかしにしておいたものが、今では元気に咲いているというわけです。

DSCF1328

カラタネオガダマですが、やっと大きく花芽が動き出しました。もう少しかなと思います。

DSCF1323

DSCF1324

DSCF1325

タイツリ草(ケマンソウ)が咲きましたが、白花はどうも生育が悪く未だに葉も大きく展開していません。以前は大きかったものが小さい株になってしまっています。でもやはりタイツリ草はおもしろい花の形ですね。

DSCF1329

バラの葉も大きくなり、早いものでは、蕾も見られるようになってきました。これからは庭は青々とした庭になるでしょう。バラも楽しみです。

2011年4月 9日 (土)

庭に咲く花2

昨日はスイセンが多かったのですが、今日は違うものを載せてみます。

DSCF1314

ユスラウメの花です。まだちらほらと咲いているだけですが、もう少したつと満開になるかもしれません。

DSCF1315

我が家にある椿ですが、植わっている環境はとても過酷なところにあります。今年はたくさん花が咲きました。いつもはこんなには咲かなかったのですが、うれしいですね。

DSCF1318

カロライナジャスミンです。本当に2~3輪くらいしか咲いていませんが、満開になるととても香りがいいのですが、ジャスミンとは名ばかりで実際は猛毒を持つ植物です。ジャスミンなどの仲間とはまた違います。

DSCF1320

ソバカススミレ(Viola sororia 'Freckles')北アメリカ原産のスミレでとても強くて知らない間に庭中に増えてしまうので注意が必要です。私も一カ所になるように違うところで生えてきたものは抜いています。

2011年4月 8日 (金)

庭に咲く花1

更新がなかなかできませんでしたが、今日は勢多農の入学式。息子が卒業して今度は入れ替わりに次女が同じくバイオテクノロジー科に入学。娘の方は少し心配ですが、がんばってくれると期待しています。

さて、春になり暖かい日が多くなってきました。いろいろな花も咲き出してきていますね。DSCF1249

ちょっと気の早い桜草が咲き出しましたが、ほかの鉢のものも成長を始めています。

DSCF1251

DSCF1252

DSCF1254

DSCF1255

DSCF1257

DSCF1259

DSCF1263

DSCF1264

DSCF1265

DSCF1267

DSCF1268

DSCF1269

DSCF1270

DSCF1275

DSCF1277

DSCF1281

DSCF1284

DSCF1286

DSCF1290

DSCF1292

DSCF1295

DSCF1296

スイセンも今盛りですが、ここにあげたものはまだ90パーセントぐらいですかね。まだ、いくつかの品種は咲いていません。ただスイセンもだんだんと品種名がわからなくなって時折困ることもあります。話は違いますが、新品種なんかは時には球根1個が2万円から3万円もします。スイセンの世界もすごいらしいですよ。

DSCF1272

ローズマリーの花です。派手さはありませんが、結構少しずつですが、真冬に咲いていることもあります。四季咲性が強いのでしょうかこの木は。

DSCF1273

DSCF1274

ミモザですが、今年は遅雪にやられ見事に大きい枝を2本失うことになりました。それでも元気に花を咲かせてくれました。

DSCF1279

DSCF1297

沈丁花。とてもよい香りを庭中に漂わせてくれます。赤花の斑入りはもう終わりかけていますが、白花はまだ持ちそうですね。

DSCF1298

花ニラといっていますが、その名の通り葉にはニラと同じ香りがあります。でもご注意、間違っても食さないようにしてくださいね。猛毒です。

DSCF1301

10月桜ですが、このタイプの桜はほとんど四季咲性らしい状態を示します。これは秋口から春までぽつらぽつらと咲いています。

DSCF1302

ロニセラの一種ですが、品種名はベビーラブだったか?どうも違うようですね。申し訳ありません。不明です。

DSCF1304

ユーホルビアの一種ですが、品種名はわかりません。この株は種より落ちて生えてきたもので、大きい株は鉢に植わっています。大きくなるので今度は地植えにしようかと考えています。こんな感じで春はスタートしました。バラも芽を大きく伸ばしています。ポポーの花芽も大きくなつつあります。これからもおもしろくなりそうです。

大きい地震でした

昨夜また大きい地震がありましたが、皆さん大丈夫でしょうか。
私もまだ起きていて、そろそろ寝ようかと思っていたところでしたので、ちょっと怖かったです。
こちらは震度4位でしたが、長く揺れていました。最近はちょっとしたことでも
地震かと思ってしまうほど敏感になっています。被災された方はなおさらだと思います。
このような心配が早くなくなるよう祈るのみです。

2011年4月 2日 (土)

しばらく更新できませんでした。

ご無沙汰してしまいました。年度末で3月はものすごく忙しく、更新できずにいました。
とりあえず、庭は何とか片付けましたが、空いた鉢などが散乱しています。ぼちぼちと片付けようと思いますが、今度は年度初めで、部署の職員が半分も変わってしまったので、また忙しくなりそうです。

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと