« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月26日 (土)

つるバラの植え付けと誘引

今日は休みでしたので、駐車場のところに原種バラとつるバラの剪定、植え付け、誘引を行いました。今年からこの箇所は、地植えにしてしまうつもりでやり始めましたが、やはり一日では終わりませんでした。毎年ここは2~3日掛かります。今回ここはかなり密度が高い植え付けをする予定です。というのは、ここに庭の周りにやったのと同じように、ツクシイバラ(オヤバラ)を全種植え付ける予定です。さらにここには、リージャン・ロード・クライマー、ヒマラヤンムンスク、ノイバラ、ロサ・カニナが植わりますので、かなりギュウギュウになるかもしれません。

DSCF1205

DSCF1206

写真は誘引を外し、剪定が終わり、植え付けをするだけになったバラたちです。ここまでするのにすでに午後4時でした。この後3本だけ植え付ける事が出来ました。

2011年2月24日 (木)

玄関で咲く花?

玄関先ではなく、玄関内に咲く花です。ちょうど日もあたり暖かいので咲き出しました。

DSCF1186

DSCF1190

DSCF1191

DSCF1193

上二つがフリチラリアです。次はオキナグサですが、絶滅危惧種だったと思います。これは群馬県富岡市の㈲富澤が確か増やして販売しているものかと思います。山野草ですが、結構安く手に入ります。ただ私も、育て方がわからず、毎年枯らしてしまいます。その下は南山スミレと名札がありますが、スミレも種類が多く、以前はたくさん持っていたのですが、ほとんどが枯れてしまいました。今とても強いソバカススミレ(Viola sororia 'Freckles')だけが庭に進出しています。こいつは恐ろしいくらい強いです。どこでも生えます。北アメリカが原産だったと思います。色々買ってしまうのが悪い癖ですが、ここ二週間くらいで、椿二種、アザレア二種を購入。玄関内にいるこの子たちも2月に購入したものです。

群馬は意外と花の売り上げが多い土地柄だそうです。私のように買ってしまう人が多いのでしょうか。また、草花の生産も多いそうです。それと結構こういった類のものが意外と安く売られています。県外の花屋さんを見ると同じ物がこちらの倍もする事がしばしばです。この玄関内にいる花たちは全部二百円以下です。パンジー、ビオラなどは百円を切ります。私が知っている最下値は六十八円です。ただそれもよく見かける物に限りますが、珍しい物はやはりそれなりの値段はします。

2011年2月23日 (水)

バラを植え付けました。

先日とても良い天気でしたので、ツクシイバラとキング・ローズの植え付けと誘引を行いました。あまり庭がきれいでないのでお見せしたくないのですが、参考までに。

DSCF1194

キングは元々鉢植えのであったのを今回地植えにしました。二株をあまり間隔を開けずに植えてしまいました。上にあるつるはまた別のバラです。枯れ草がとても多く、ちょっときれいではありませんが。

DSCF1201

もろに、枯れ草の山が見えますが、これは息子が片付けてくれた菜園の枯れ草です。ここでは枯れ草の話題ではないのですが、本当にすごいんです。ここは元々ラティスがあったのですが、劣化が激しく昨年取り外した箇所です。いつものごとくイボダケを昨年組んでツクシイバラを誘引しています。このツクシイバラはオヤバラではないかと言われている一群です。全部で十種類が植えてあります。これも鉢で管理していたのですが、今回から地植えにしました。実はこれと同じ数のものが駐車場のところにもあり、これはまだ鉢に植えてありますが、年数のたっているものが数本あります。咲くととてもかわいいですよ。

DSCF1195

それと写真ではわかりづらいのですが、原種のバラを三種類地植えにしました。右から茜富士、タカネイバラ、カラフトイバラです。鉢の管理も大変なので、大事なバラはなるべく空き地を見つけて地植えにしようかと考えています。ここは色々草花が植えてある場所で、タチアオイ、ユウスゲ、ニッコウキツゲ、ヘメロカリス、ユリ、スノードロップ、イソギクなどです。春にはどうなるかちょっと楽しみです。スノードロップは枯れ草の中で咲いています。

DSCF1202

息子が片付けてくれた菜園の様子。荒れていますね。庭で一番良い場所にあります。ただ前に住宅が建ってしまったので、多少日陰になりますが、それでも最高の場所です。

2011年2月20日 (日)

野菜の種を準備する

先日、今年やる野菜の種を少し購入。自家採取の種も選別したりして用意を始めました。
まだ、これからないものは種苗会社などから購入を考えています。
昨日は、息子が菜園の片付けをしてくれました。支柱やネット、枯れた草などを取り除き畑が現れました。そこへ早速猫が糞をしにきたので追いかけ回しましたが。
今回用意した種はホームページに載せてあります。これからも追加する予定です。

2011年2月18日 (金)

今日の月

今日の月の状態は望。満月十六夜です。当然大潮です。
Dscf1170














月の写真は今日はまん丸です。でも外は寒かったです。

2011年2月13日 (日)

つい買ってしまいました。~椿編~

昨日、農業資材屋さんで種を購入しようと思い立ち寄りました。いつも、花木などを置いてあるハウスに寄ってから、資材のある建物へ行くのですが、椿や山茶花の類がたくさん出ていて、特に侘助が多く出ていました。そのなかで、とてもおもしろい侘助を見つけ、つい購入してしまいました。

DSCF1155

DSCF1156

侘助の形状で葯が花びらに化けたタイプです。こういったタイプはなかなか見ないのでつい欲しくなります。

2011年2月11日 (金)

ちょっとおもしろい検索 ~ツクシイバラ 販売~

私のブログに「ツクシイバラ 販売」で検索をかけてきた人がいるようなのですが、ツクシイバラは欲しいと思っても、一般的なバラ販売をやっている業者さんには、ほとんどありません。原種を扱っている業者さんですと見つかります。ツクシイバラは個体差があるので、挿し木で増殖したもの以外(実生)は花の色に変化が出ます。私はごく普通のツクシイバラを現在2本ほど持っていますが、1本はたまたまどこかで手に入れたもので、もう1本は盆栽の素材として販売されていたものです。あまり扱っているところがありません。ノイバラも同じです。ノイバラは野山や河川で採取できます。九州へ行けばツクシイバラは手に入ると思います。もうひとつ、私がオヤバラと呼ぶツクシイバラの一群はすでに販売していたところが終了してしまいましたので入手困難です。またこういったバラは山野草を扱う業者さんが持っている可能性も多いようです。タカネイバラやオオタカネイバラなどは山野草扱いです。

 

ツクシイバラはノイバラにないまたおもしろい美しさがありますからね。原種のバラはそれぞれがとてもおもしろいです。見分けのつかない物が多いので困りますが。

2011年2月10日 (木)

雪の中のスノードロップ

DSCF1133

DSCF1134

DSCF1135

雪の日、外へ出たときに庭で発見。もうそんな時期なんだ。スノードロップは春を告げる植物です。

2011年2月 9日 (水)

今日は雪でしたね

朝起きてみると世界は真っ白でした。娘に聞いた所こちらで降りはじめたのは、5時過ぎだったようです。しかしながらこの雪、気温が高く残りませんでした。DSCF1131

DSCF1132

2011年2月 7日 (月)

テリハノイバラの写真です

みなみさんご希望のテリハノイバラの写真を載せます。

今年の写真がちょっと見当たりませんでしたので前の写真を載せます。

P6180138

P6180139

これがテリハノイバラです。つるは時には10メートル近くも伸ばします。ですので我が家ではテリハノイバラがとんでもない所まで、つるを伸ばしている事があります。当然病気には強く、なってもうどんこ病が少し程度。これは私が近所の河原から採取したものです。ノイバラと違う種類のものでしたので、これはと思い採取しました。テリハノイバラと気がつくまでには時間がかかりませんでした。

今このテリハノイバラの剪定を行っている所です。防寒着に身をくるみ、革手袋で作業しないと、傷だらけになる事になります。ですが、葉が伸び花が咲くととてもきれいですよ。

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと