« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

鳥の名前はわかりませんが

今日は少しだけ庭の手入れを行いました。少しずつですが何とかきれいになりつつあります。そんな中、時折というか最近よく見かける鳥がいます。写真が撮れましたので載せてみます。名前はわかりませんが。

 

DSCF1100

 

DSCF1104

 

この鳥ですが、私にはわかりません。しばらくうちの庭にいます。観察してみると、なにやら木の実などをついばんでいる様子が見られました。作業しているときふっと気配がしたので静かに後ろを向くとこちらをじっと見ていました。何かおこぼれを見つけているようでした。

2011年1月25日 (火)

風邪です

今日は午前にお医者に行き、午後は出張と思っていたのですが、どうもだめで結局午後の出張をあきらめて、お医者にかかってきました。インフルエンザの検査もしてきましたがとりあえず陰性でした。風邪をこじらせたようです。薬を頂いて飲みました。明日は宿直ですので、今日は静かにパソコンで悪さしていました。

2011年1月23日 (日)

風邪気味です

仕事場で風邪とインフルエンザがはやっています。私もちょっと調子悪く、今日は休みで庭の手入れをやろうと思っていました。しかしひどくならないように大事をとり、今日は庭の手入れはやめます。

2011年1月19日 (水)

今日の月

寒さに懲りず、また月の写真です。今回は寒いので仕事の帰りに車内から撮ったもので、絞りはf5.6固定で露出時間を変更して幾つか撮ってみました。露出時間を変更することで撮れることがよくわかりました。時間とともに月の光が、太陽の当たり具合で変わるのことがよくわかりました。

 

DSCF1093

 

FUJIFILM FinePix HS10 絞り値f5.6 露出時間1/2000秒 ISO-400 18:15

 

DSCF1094

 

FUJIFILM FinePix HS10 絞り値f5.6 露出時間1/2500秒 ISO-400 18:15

 

DSCF1095

 

FUJIFILM FinePix HS10 絞り値f5.6 露出時間1/1000秒 ISO-400 18:16

 

DSCF1096

 

FUJIFILM FinePix HS10 絞り値f5.6 露出時間1/1000秒 ISO-400 18:32

 

焦点距離はすべて126mmで私のカメラでできる最大ズームでやりました。月は十六夜で、少し欠けている状態です。明日は十七夜ですが望月です。少しずれているようですね。明日は大寒、一年で一番寒い日と言われています。大寒は旧暦で十二月十七日~一月一日(新暦で1月20日~2月3日まで)の2週間を言います。毎年変わりますのでご注意を。

 

この大寒ですが、15日間あります。これを3つの候に分けます。その候にはそれぞれ意味があります。

 

第一候:款冬華(かんとうはなさく) 蕗の薹が蕾を開き始めるころ。

 

第二候:水沢腹堅(すいたくふくけん) 沢の水がびっしりと凍りつめるころ。

 

第三候:鶏始乳(にわとりはじめてにゅうす) このころから、鶏が巣につき、卵を産み始める。

 

この候をは3つあるので15日間を3で割ると各々の候は5日間となります。この間に三候の現象が現れると言うことです。先人の自然現象の観察によるものです。先人の知恵でもあります。

2011年1月17日 (月)

月の写真を撮ってみました

夜空を見上げたら月が出ていました。そういえば月ってデジカメでどう撮るのかなあ。前に挑戦しましたが、カメラはド素人ですので、よくわかりませんでした。ネットを調べると何となくそういえば自分のカメラもいろいろ設定ができたなあと思いながら試してみました。

DSCF1088

ネットのように設定しましたら撮れました、月の写真。何となく設定の仕方がわかってきました。カメラのマニュアルにはそんなこと書いてありませんからね。設定は変えられるとあっても実際の使い方は書いてないのが普通ですから。デジカメのマニュアルって意外とわからないものが多いと思います。

いずれにしても宝の持ち腐れにならないように、いろいろ試してみたいと思います。

2011年1月16日 (日)

今日の山の様子

今日は宿直明けで、山がとてもきれいに澄んでいましたので、写真を撮ってしまいました。赤城山です。私の住んでいるところは周囲の山が全部見えます。ただ残念なことに住宅が増え、移動しないと見えなくなってきました。これは仕事の帰りで、自宅からちょっと離れたところですが、思わず車を止め、シャッターを押してしまいました。

DSCF1077

DSCF1078

こんな様子でちょっと雪化粧したところが何ともきれいではないでしょうか。山はおもしろいもので、毎日その姿を変えます。

DSCF1079

こちらはちょっと場所が悪かったのですが、榛名山系です。相馬山かと思います。昔若い頃、職場の先輩に連れられ、あの相馬山に冬山登山をしました。雪に腰まで埋もれながらの登山は、初めての経験でもあり、とても自然を感じました。その前からその先輩とはいろいろな山に登ってきましたが、おもしろかったですね。もちろん軽装備でゆける山だけですが。

2011年1月15日 (土)

しばらくお仕事で中止です

少しだけ進んできたのですが、今週は少し長く仕事があり、作業が中止しています。
なかなか思ったように進みませんが、休みの時はできるだけ多く仕上げるつもりですが、意外と手間がかかります。
ですが、バラの芽が動き出す前に何とか終わらせないといけませんね。明日は宿直明けですが、天候があまりよくないようです。

2011年1月10日 (月)

ノイバラの剪定を行いました

我が家の敷地に入るとすぐに、大きなノイバラがあるのですが、今日はその剪定をメインに行いました。このノイバラの下には原種系のバラが鉢で置いてあるのですが、このバラたちも剪定しながらきれいにしました。

 

このノイバラはいつも生育が旺盛なので、剪定には数時間を要します。剪定した枝の処理も結構大変なんです。

 

DSCF1072

 

DSCF1071

 

今年は誘引は止め、前年の誘引のままやることにしました。まだ、仮剪定ですので枝も長く切っています。これは2時間やってもまだ半分しか終わりません。ノイバラをこんなに大きくしている人はあまりいないのではないかと思います。実はこれより規模の小さいのがもう一本あります。これは1時間ぐらいで終わるのですが、このように地植えになっているノイバラが、全部で9本あります。それぞれ性質が違い、このノイバラと先ほどのノイバラの枝が一番スタンダード用の枝を採るには良いノイバラなのです。どちらも棘はありません。

 

ただ難点は近所の苦情が多いこと、隣の畑や道路にも枝が伸びますので。

 

ご近所の方、いつも申し訳ありません。m(_ _)m

 

DSCF1074

 

ノイバラの剪定のために退かされた鉢と、前から置いてある鉢で密集していますが、しばらくはこの状態が続くでしょう。すべて剪定済みです。昨年はなかなか手入れができなかったので枯れ枝も多く、株元から出ている枝が一本になってしまったものも多く出てしまいました。

 

原種系のバラはなかなか集めるのが難しいものもあるので、できるだけ地植えを目指そうかと思います。ですが、中には大木になるものもあるので・・・・。

 

DSCF1073

 

フジイバラの実です。毎年ノイバラとオヤバラの実は鳥が食べていたのですが、今年はこのフジイバラの実も食べているようです。食べやすい小さい実はもう庭には見当たらなくなっています。今年は減りが早いですし、庭には鳥がたくさん来ています。それを狙っている猫も我が家のように居座っています。一番困るのはクリスマスローズの実生が生えているところがお気に入りのようで、クリスマスローズの実生がなくなってしまいました。猫には毎年苦労させられています。

SKYDRIVE利用可能テスト

SkyDriveが利用できるかの実験です。が動画表示されれば利用可能です。

表示させるにはすべてに許可をしないと無理なようですね。

ホルダーを共有にすることで利用可能になるようですが、これではそのホルダーを全員に見られてしまいますね。まあ、それだけの目的で置くようにすれば良いことですが。

2011年1月 9日 (日)

成人式

今日はこちら高崎市は、音楽センターにて成人式が行われました。
私の娘も朝早くから起きて、準備をして髪結いや着付けに母親と出かけ準備をして出かけたようです。
残念ながら、父親は休めない仕事で泣く泣く勤めに行きました。写真を撮っておいてくれとお願いして。
娘の晴れの姿を見られなかったのは残念でなりません。目の前には、娘が昼間着ていた着物があるだけ。できれば着ている姿を見たかったです。ですが、家族全員で夜は外食へ出かけ、楽しい一時を過ごしてきました。

Dscf1069 ちょっとだけ、写真載せてしまいます。

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと