« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月26日 (月)

バラの様子

バラは着々と花を咲かせる準備をしています。もう蕾が作られてきています。今年早く咲くのはやはりナニワイバラの可能性があります。

 

P4260175

 

もうこんなに蕾が大きくなりました。一番大きいです。

 

P4260169

 

これはロサ・キネンシス・ビリティフローラ、俗に言うグリーンローズです。原種で、花びらは緑です。どれが花びらかわからないくらいです。

 

P4260171

 

ノイバラです。こちらも花芽が大きくなりつつありますね。

 

P4260172

 

これはタカネイバラ、ちょっと自然に生えているものとは違う感じのタカネイバラです。

 

P4260179

 

P4260187

 

五色バラの様子です。どうですか、この美しい葉芸当。素晴らしい美しさがあります。

ポポーの花粉とジューンベリー

P4260163

P4260164

P4260165

ちょっと写真はぼけていますが、このように花粉が出てくれば他の花と受粉が可能です。風や、虫によって運ばれる事もあります。今日見ていましたら、ハエのような虫がいっぱい花粉を付けて、飛び回っていました。よく見ると、めしべに花粉らしきものが付いているものもありました。

P4260184

ジューンベリーの花です枝の先端にしか咲きませんリンゴなどと同じようです。サクランボを小さくしたような実がなります。鳥が大好物のなので、鳥に見つかる前に収穫しないとなりません。

庭に咲く花9

P4260166

P4260170

P4260173

P4260174

P4260176

P4260177

P4260178

P4260183

P4260180

上から樒の花、ユーファルビア、チューリップ2種、クレマチスまだ咲いてませんが、これが咲くとまた甘い香りが漂います。
次もまだ咲いていませんが、アグロステンマという麦の穂がなる頃に咲く一年草です。その下は、タチアオイの花芽です。オオデマリが満開ですので再度載せました。とてもいい香りがします。
最後は伊吹麝香草です。タイムの仲間で葉にとても良い香りがあります。これも一鉢だけ大きくなったのですが、栽培が私には難しいです。

P4260186

P4260188

上の写真はこぼれ種から発芽したクリスマスローズの子供です。大きくなるといいのですが。
その下が、ソバカススミレ、学名 Viola sororia cvs.' Fleckles'
北米原産 ビオラ フレックルス。

とても強いスミレです。こぼれ種であちらこちらに咲いています。すみれってとても面白い生態がある、というより子孫を残すための知恵なのですが、知ってますか?
スミレは花を咲かせ受粉して、種を残すのはごく普通なのですが、これではほかのスミレと交配して種(しゅ)を残せません。
ここで、すみれは種の保存を図ります。他の花と受粉しなければいいのです。つまり花が咲き種を残す事は新しい種を作る時で、個体種を残す時は閉鎖花という花を咲かせますと言うより、花を咲かせないさやの中で自家受粉をします。
それが熟すと種となりはじけて遠くまで飛びます。こうやってすみれは2種の個体を残すことになります。

遅霜にやられました

4月では珍しい遅霜が、24日直撃でした。おかげでジャガイモと金治草がやられました。

 

P4260161

 

P4260162

 

このような状態になってしまいましたが、これ以上なければ何とかなるかもしれませんが。今年はやはり旧暦で農事は進めた方が良いかもしれません。

2010年4月24日 (土)

ポポーとリンゴ

P4240157

P4240158

リンゴの花がだいぶ咲いてきました。このリンゴは王林ですが、毎年良く実がなります。ならなかった年はありません。今年もたくさん出来るでしょうか。

P4240159

P4240160

ポポーの花がこのように咲いています。少しづつですが開花のずれがありますので、自然交配の可能性が出てきました。ですが、今日確認したところまだ花粉が出ていませんでした。写真の中の茶色の花が数日で花粉を出すと思います。その際に、風や虫によって花粉が運ばれて受粉します。

庭に咲く花8

春とはいえ、寒い日があったり、暖かい日があったりで、体調も崩しそうな天気ですが、植物たちはとりあえず元気に花を咲かせています。

P4240147

P4240148

オオデマリですが、こんなに咲いてきました。だんだん大きくなるので、冬には剪定をしないといけません。香りはとても良いのですが、沈丁花ほどには匂いは香りません。

P4240151

P4240152

桜で、万里香(バンリコウ)です。やっと咲き始めました。下の枝のほうから順番に上へと咲くようです。少し香りのある桜です。花の形状としては二重でしょうか。この桜も鉢栽培です。

P4240155

P4240156

黒ロウバイと緑花ロウバイです。下の緑花ロウバイは香りも良く、ちょうどパイナップルの熟れたような香りがします。これも楽しみな花です。

P4240149

P4240150

上は蓮の葉芽ですが、この状態を見るとたぶん立ち葉かもしれません。水の中にいる白い点々はミジンコです。わざと増やしています。
彼らが水の中に落ちた落ち葉や生えてきた藻をたべて、きれいにしてくれます。不思議ですが、ミジンコがいると水が腐りません。ですから水替えも植え替えもしていません。
下手なのか植え替えするとうまく芽が出なかったりするので、最近は植え替えをしていません。大きいカメに入っている方の蓮はまだ出ていません。水温が低いせいでしょうか。
下は、スイレンです。浮葉が水の外へ出てきました。少し前までは水中にありました。これもだんだん葉が増えて白い花が咲くのが楽しみであります。

P4240153

P4240154

何回も出てきますが、タイツリ草ですが、もっと花を近くから撮ってみました。どうですか?とても面白い花ですよね。

2010年4月22日 (木)

庭の様子

やっぱり異常気象なのでしょうか。ですが、今年は何となく旧暦があっているように思えます。今日は旧暦では3月9日小潮、上弦の月です。
さて庭の様子ですが、忙しさの合間を見てなので、写真の投稿も遅れ気味ですが、紹介します。

P4190139

P4190140

P4190145

P4190146

上からオオデマリ、品種名は忘れましたが、やっと大きくなってきました。ですが、この辺は密集地帯で、バラ、沈丁花も植わっています。
次は芍薬ですが、どんどんと伸びています。その年によってですが、今年はいくつ花が咲くのか楽しみです。
私の好きなタイツリ草がいま満開に近くなっていますが、例年よりも花が少ない感じがします。上の赤のタイツリ草は一番長く我が家にいるもので、やはり大株になっているためか勢いがいいです。
これから咲き出すのは、日光キツゲユウスゲヒメノカリスユリなどです。アグロステンマなど、いろいろ庭には植えてあるので、何があるのか咲いてみないと分からないのが現状です。
そうそう、桜の万里香(バンリコウ)が咲き始めました。

2010年4月16日 (金)

夜から雪になりました

今年はやはり異常気象でしょうか?こんな時期に雪が降るなんて。
今日は野菜の種をトレーにまいたのですが、夜雪が降ってきた事に気が付き、4個のトレーを玄関にしまい込みました。せっかく蒔いたのに凍ってしまうと全て無駄になります。
息子にお願いしておいた金治草も今日息子と共もやってきましたが、この寒さですので袋のまま玄関に置いておきました。本当に困ったものです。庭も花たちも心配であります。

旧暦では3月3日ですので、旧暦でやれば確かにまだ雪が降っても不思議ではない季節ですが、それにしてもおかしいです。八十八夜が新暦の5月2日、旧暦では3月19日にあたりますが、これまでは確かに、霜や雪の恐れがある事を先人は知っていました。この事を考えると旧暦での農作業が一番理にかなっているのかもしれません。これに倣うなら、満月が4月28日で大潮になりますから、この時期が種まきには最適と考えられます。私もこれに倣えばよかったかと後悔しています。

2010年4月13日 (火)

ポポー開花宣言

ついにポポーの花が咲きだしました。一番花が今日見たらちょうど受粉できる状態となっていました。写真は相変わらずぼけて活かすが、掲載します。

 P4130116

P4130117

P4130118

P4130119

P4130121

この花色になると完全に受粉が可能です。中をのぞくと分かるのですが、めしべが光っているのがわかります。この状態であれば人工受粉にはベストです。しかしポポーの花の性質上、一斉開花だと実ができません。順番に咲いてくれるのが一番なのですが。一番下のように一斉に咲きそうなのは、自然受粉はあまり期待できませんが、無理ではありません。自然受粉を望むのであれば、やはりそのためにポポーは最低2本の木が必要なわけです。

庭に咲く花7

春が一気にやってきたようで、庭のありらこちらで植物の花が咲きだしています。私のお気に入りのたいつり草(華鬘草)の花が咲き始めました。毎年数株ずつ購入して増やしています。

P4130123

P4130124

P4130127

たいつり草には赤と白があります。赤は基本種ですので強いのですが、、白はさすがに赤よりは弱いです。ですので、見つけた時にはいつも赤と白を同じ数購入します。
この花の型がすごく好きで、面白いと思います。ほとんどは庭に植えてしまうのですが、数株は鉢やプランターで楽しみます。終わると庭に植えてしまいます。
私は、ポポーの株元に植えています。夏は日陰になるようにしています。ですが、夏には枯れて休眠してしまいます。

P4130122

P4130125 P4130126

花ニラ、サクラソウ、スズラン水仙です。
スズラン水仙とサクラソウは前にも掲載しましたが今回良く咲きそろったのでもう一度掲載しました。花ニラはそこら中に生えてきます。これも結構強いですね。

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと