« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

赤八重ノイバラ?

赤八重ノイバラで検索の方がいらっしゃっているようですが、ノイバラに赤八重咲き種はありません。ノイバラは日本原産の原種バラです。   
もしお探しでしたらそれは、キングローズやその他ノイバラの血筋を強く引く園芸種です。

 

photo_11[1]

 

これがノイバラです。お探しのものは、これではないと思います。

 

p5260024[1]

 

これに近いものでしょうか?これはキングローズです。花以外はノイバラと同じように見えます。またはエクセルサです。最近はスーパーエクセルサがあり四季咲き性を備えたものもあります。

 

いずれにしても赤八重咲きのノイバラは存在しません。ピンクがのるものは存在しますが。

 

p5210197[1]

 

これは私が山で見いだした、ピンクがのるノイバラです。これほどまでにのるものは私も始めてみました。ノイバラでもここまでかと思います。

 

ご参考までに、書きとめておきます。

満月がきれいです

今日は満月の大潮。今、こう記事を書いていても、窓から丸い月がとてもきれいに見えます。写真を撮って見ましたが、私のカメラでは、きれいに撮れませんでした。どうしたらきれいに撮れるのでしょうか?
やはりそれなりに良いカメラでないとだめなのかといつも思っています。

P3300004

これが限界でした。手ぶれ防止もありませんし、少しガタも来てますので、これが最高でした。ただ光っている○ですね。

職場で、野菜やっている職員が、昨日から今日の冷え込みで、苗がやられたと話していました。ハウスにあったのですが、加温を忘れたようです。この時期のこんな事もあるので、育苗や種まきなど少し心配ですね。

2010年3月29日 (月)

明日は満月です

明日は満月になります。大潮になりますが、種まきには最適です。本当でしたら、前後に大潮になるのですが、今回は満月から大潮4日が始まります。種まきは本来その満月に向かう大潮の時がよいのです。

 

と言っても、なかなか仕事とかあると無理ですが、出来るだけ月の動きに合わせた農作業なり庭作業を行うとよいとされています。

 

植物にはそのものが持つ生態のリズムもあり、それを観察して知る事も大事な事のようです。多くの生物は月の満ち欠けを基準にリズムが出来ているそうですよ。

 

月と植物についてはまたの機会に。

今朝は少し雪でした

昨日からの雨が、夜半には雪になったようです。こちらはそれほど影響ありませんでしたが、ちょっとびっくりです。

ですが、昨日仕事から戻る時、仕事場はしんしんと雪が降っていました。朝心配しましたが、道路に雪がなかったので助かりました。

P3290223

P3290224

私の仕事場は実は、この写真に写っている麓よりちょっと下(もっと町に近い場所)にあり、このように山が白いと影響があります。でも春の雪ですので、真っ白ではなく、うっすらと化粧をしたようになっています。我が家から出てすぐの所で撮りましたが、田園風景の残る場所に住んでいます。

都会はどうもだめで、こういった風景の場所がとても好きですし、夏は田んぼの蛙がうるさいくらいの場所が良いです。

2010年3月27日 (土)

オヤバラを誘引しました

きょうは、人事の事忘れ、庭に散乱したポットや、壊れた鉢などを拾い集め、庭のゴミ拾いをしました。結構いらないものが散乱しているのですが、まだまだ片付けなくては。
さて、きょうはラティスを外してイボ竹で組み上げたフェンスもどきに、オヤバラ10種を誘引しました。
写真は撮っていないのですが、まだ挿し木して一年目のものと、昨年購入したものを、鉢に入れたまま誘引しました。

P3230169

こんな感じに作り替えました。というのも、前に家が建ってしまったので、少しでも光を取り入れるためです。と、言い訳。

2010年3月25日 (木)

人事が決まりました。

この時期どこでも人事異動がありますが、私も今年は巻き込まれました。

部署の異動とさらに昇格で、難しい立場に立たされました。ものすごく不安でいっぱいです。知らない部署の上に、さらにものすごい業務の数。暇がないと言われましたが、その通りのようです。

でも、休みの日はしっかり園芸と向き合いたいですね。ストレス解消のためにも。

P3230178

2010年3月24日 (水)

野菜の種まき

昨日に野菜の種蒔きをしました。今回は全部セルトレーで行いました。

  

まずセルトレーに培養土を入れます。水をかけて湿らします。

  

P3230145P3230146

  

  

これはカボチャですが、12個袋にありましたので、全部蒔いてしまいました。

  

P3230159

  

品種はこれ、ほっこり姫といいます。大きいカボチャではなく、中玉くらいのものです。

  

P3230147

  

P3230148

  

P3230149

  

次にトウモロコシです。面倒ですので全部同じトレーに蒔いています。トウモトコシの種の蒔き方ですが、とがっている方を下にして蒔きます。こうする事で、ストレスなく発芽させるためです。

  

P3230151

  

P3230150

  

今回初めてアイスプラントを作ってみようかと挑戦です。

  

アイスプラントの種は細かいので蒔きづらいので、今回はペレット処理をしてあるものを使用しました。これですととても蒔きやすく、一粒ずつ蒔けるのが便利です。

  

次はバジルですが、これは毎年作っています。

  

P3230152

  

P3230153

  

これも細かいのですが、数粒一穴に蒔いておきました。

  

これを収穫してピザにするとおいしいのです。また、オリーブオイルとバジルで食べるサラダも最高です。

  

それとミニトマト3種も蒔きました。

  

P3230156

  

P3230157

  

P3230158

  

レッドオーレとアイコ、イエローアイコの3種です。最近は毎年これでやっています。

  

そして試し蒔きに、片品村の大白ダイスを蒔いてみました。

  

P3230154

  

これと、アイスプランツ、トウモロコシは試し蒔きです。本蒔きは実はもっと後でやろうと思っています。と、言うのは結構発芽温度が高いからです。

  

さてこうしてトレーに植えた種の上にさらに土を振って種を隠し水をたっぷりやります。

  

P3230155

  

これを2つ作りましたが、このままにしておいては温度確保ができません。小さいビニールトンネルを作り、そこへ納めました。

  

P3230160

  

こんな感じです。トンネルを開ける事を考え、反対側はレンガで押さえてあるだけです。晴れれば20度以上は確保できるはずです。

庭に咲く花4

今回もはじめに水仙をご紹介します。

P3230163

クールフレームです。中のオレンジ色がとても印象的です。

P3230165

4U2(フォーユーツー)

P3230167

マジョリーハイン

P3230172

スウィートネス

P3230174

ロージーグランド

P3230175

ジュアニタ

P3230179

アイスフォリス

P3230181

フラワーレコード

いかがでしょうか?水仙と言ってもそれこそたくさんの園芸品種があり、みんなどれも丈夫ですので、植えたままでも特に管理は必要ないので助かります。

基本的に私は植えたら、水仙はあまり面倒を見ません。毎年少しずつですが、増えてゆきます。購入時にはできるだけ二個以上同じ物を買った方がいいです。そうする事で枯れた時の対処にもなります。

我が家でも昨年まで出ていたものが、今年まだ芽を出していないものがあります。

 

次は椿です。

P3230183

鉢で栽培しているものですが、最近かまっていないのでどうかと思ったのですが、何とか咲いてくれました。

ナイトライダーと言います。

クロツバキとサルウィンツバキ系の‘Ruby Bells’を交配してニュージーランドで作り出された交配種だそうです。

冬咲のロニセラ知ってますか?ウンタービューティ-という品種があります。

P3230171

今年はどうも季節感が植物も狂っているのか、こんな時期に咲き出しました。本当はもっと寒い時期に咲いていたように思うのですが。

2010年3月22日 (月)

Windows live writerのテストです

Windows Live writerのテストをしています。

 

使えるソフトならいいのですが。

 

P3180131

 

お!全部解析して使えるではありませんか!

 

ちょっといいかもしれません。後は書き加えたものを、更新できるかです。

 

試してみます。

続きを読む »

2010年3月19日 (金)

スナップエンドウ

晩秋に、職場の人がスナップエンドウの苗を作り、それを購入させてもらった物です。
霜よけにビニールトンネルを作り、保護していたのですが、さすがにもうビニールはまずいので、支柱を立て、誘引をしました。しかしまだ寒さが気になるので、寒冷紗をかけました。
普通に支柱を立て棚を作り、さらにU字型の園芸支柱を外側に立て、寒冷紗をかけました。
P3180141














こんな感じになっています。パッカーで寒冷紗を止めてありますので、安心です。最近こんな便利な小道具がある事を知り、利用するようになりました。
P3180142














中はこんな感じで、すでに花が咲いています。これを作る際に、リン、カリのみの肥料を土寄せと一緒に撒きました。ついでに葉もぐりバエの幼虫やアブラムシもいたのでオルトランも散布しておきました。

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと