« 2010年1月 | メイン | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月21日 (日)

バラと癌腫病と挿木

ちょっとおもしろい検索をかけてきた方がいましたので一言。
癌腫病はウイルス性の植物の感染症です。感染経路は土と言われていますが水です。
水の流れによって羅病すると考えられますが、バラ科が罹る病気とは違い、これはカビではなくウイルスだということです。
感染するとバラの細胞のDNAを書き換えます。ですので、当然株全体が羅病することになりますが、このウイルスは根にその病原体を発症させます。ですので、枝にできることは稀ですが、傷ができていると罹りやすいようです。
この仕組みから行くと、羅病したものをもったいないからと、挿し木をすれば当然その挿し木苗もいずれは羅病します。私も知らないでやった物の中にやはり羅病したものが出ました。
残念ですが、羅病したものは速やかに処分するほうが望ましいようです。
本当に植物の癌ですので、治ることはありません。

バラの剪定を行いました

やっとバラの剪定も終わりになりそうですが、幾つか植え替えを忘れたバラたちがいました。
早急にやらなくてはならないのですが、また休みがしばらく無く、何時にやることやら。
それと配置も考えなくてはなりません。春の野菜の準備もやらなくてはと、いろいろあります。

2010年2月16日 (火)

少しだけバラの事やりました。

車庫証明をとるために外していた、支柱を戻して原種バラを誘引しました。今回は無理をしてもう一鉢、ロサ・エグランテリアを誘引しました。14日に行いましたが、この際にやっと剪定も少し始めました。今回は思い切って、モッコウバラをかなり枝を間引きました。実は、囲っていた支柱が倒れてしまったので、実力行使に出たのです。
また、地植えのバラも少し剪定を行いましたが、かなり芽が膨らんできてしまっています。本来なら終わっている作業も、今回はまるで駄目です。しかしなんとか終わらせたいと、またできる日を狙っております。
今年度は、ホントうまくいきません。菜園はボロボロでしたし、草取りもできず、菜っ葉は鳥の餌と化しています。
そろそろ、菜園の準備もやらなくてはと、やる事ばかりで、いっこうに進みません。こんな年は初めてです。何もかも歯車が狂ってしまいました。
まあ、バラは剪定しなくても咲くそうですから・・・・。

2010年2月10日 (水)

またインフルエンザです

今週の月曜より発症し、またインフルエンザに感染していました。今年度2回目にて、年次休暇がかなり減少してしまいますが、仕方ありませんね。
今回は検査をしましたところ、完全にA型でした。間違いなく新型という事です。タミフルと、解熱剤などが処方されました。
今回はかなりきつく、腰も痛く、解熱剤と鎮痛剤の両方を兼ねている薬で助かりましたが、ひどいです。
庭仕事どころではありません。職場は利用者もかかっているために寮閉鎖されておりますが、接触したのは、私が一番早い段階でしたので、やはり2から3日で発症しました。
今回はちょっと重症で昨日は死ぬかと思うほど呼吸ができず、体が苦しかったです。このなり方は新型に間違いないようです。
いずれにせよ今度の日曜まで、療養しなさいとの医師の診断書が出てしまいました。

2010年2月 3日 (水)

庭仕事ができません

今年度はなぜかうまく全てが進みません。休みの日と家の用事が重なり、ほとんどできない状態で放置されています。
庭のバラたちもまだ剪定ができず、鉢バラも畑の周囲に放置されたまま何もできずにいます。今回はどうしてこうも用事が多いのでしょうか?
今週も何もできませんし、来週もできません。遅れは取り戻せません。少し焦りが出てきました。最悪剪定なしで春を迎えることになりそうです。

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと