« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月28日 (土)

今日は勢多農林高等学校の農業祭でした。

今日は、勢多農の農業祭でした。朝、8時より一番で番取りを行いました。しかしどんどんと人の前に陣取るおばさま方に、唖然としました。
また今回は会場へ入れないように、時間が来るまで進入禁止になっているにもかかわらず、おばさま方がどんどん入って行ってしまい、先生方に追い出されておりました。
何のために柵がしてあるの!あまりの身勝手さに少し怒りが・・・・・(息子たちは「もやしもん」の世界だ!と、話していたそうです。ちょっとマニアックな話ですいません)。

さて、この時期は当然、秋野菜がメインですが、シクラメンも勢多農の秋の農業祭の目玉でもあります。
野菜は、ダイコン、水菜、ホウレンソウ、キュウリ、トマト、ネギ、青梗菜、ゴボウ、銀杏、米、白菜など。
果樹は大きい品種のナシ、カキ。
加工食品では、リンゴジャムにブルーベリージャム、梅干しなど。
それと、花ではシクラメン、パンジー、ビオラ、葉ボタン。
ハーブではミント類、バジル、レモンバームなど。
みんな学生さんが丹精込めて作ったものです。ハーブティーもいただきましたし、呉汁、中華風すいとん、もち、流しそうめんなどいただきました。大変満足でした。

でもこういった行事は、教職員の方も大変でしょうが、地域の方や、保護者もとても楽しみにしているものです。
また、自分たちで作った物が売れるということは、子供たちにとっても良い経験でありますし、これからの農業を支える若い世代を輩出する良い教育と思います。
現に小学校、中学校では食育に関する教育もおこなわれるようになりました。少しでも、自分達が食べる食に関して、農業に関して理解をしてもらえたらと思います。
ここ数年の傾向として、実業高校や特色ある高校に人気が集まっています。特に農業高校はここ数年レベルを上げてきています。農業に関心のある子供たちが、普通校にない魅力を感じてきているようです。
私も、工業高校の出身でありますし、普通校には魅力を感じませんでした。息子もその血を引いたようで、農業を学び、とても生き生きとしています。これもひとえに先生方のおかげと感謝している次第です。

と、園芸日誌ではなくなりましたね。

解説:「もやしもん」ですが、農大が物語の舞台なのですが、ここでやはり収穫祭のようなことをするのですが、おばちゃんたちがものすごい勢いで、安い野菜を求めて開門と同時に突進してゆく描写があるのですが・・・・、それとおんなじだということなんです。
一緒に行った長女も同じ事を言ってました・・・・・。

2009年11月19日 (木)

復活です。

大変ご心配をかけました。あまりひどくならないうちにインフルエンザも終息です。
インフルエンザにかかる前に撮っておいた写真を今日はご紹介します。

Ts3o0020



























冬桜が満開になりました。この時期に桜が咲くのは何とも得した気分です。

Ts3o0007



























Ts3o0008



























サザンカですが、満開に近い状態となりました。品種は?です。

Ts3o0012



























Ts3o0013



























寒椿と称して売っていましたが、サザンカでは?と思っています。これも我が家では古くからいるものです。

Ts3o0009



























イソギクです。以前は違う場所にあったのですが、妻が挿し木しておいたら着いてしまったものです。しかし、ここにしておいてくれて、助かりました。前からあったところは枯れてしまいました。でも、ここも少し数が少なくなってきていますので、またいずれは挿し木で残さないといけないかと考えています。

Ts3o0011



























何とか枯れずに残ったチョコレートコスモスが、咲いていました。これも冬越しとか難しいのですが、いつもそのままです。

Ts3o0010



























ビオラも季節もので、少しだけ植えてみました。寒さに強いので結構助かります。

Ts3o0019



























秋の実りです。この時期葉にはウンカが付くので、葉がひどく果実も汚れます。袋掛けもしますが、全部は無理ですので、こういった黒ずんだものもできてしまいます。ウンカがいなければ無い事なんですが。

Ts3o0021



























カラフトイバラの紅葉です。こうになってからカラフトイバラは葉が落葉します。

Ts3o0014



























あまりきれいではないのですが、いくつかバラを紹介します。
これはウィショッテンです。結構木バラになってしまい私の背を越しています。

Ts3o0015



























イントゥリークです。我が家の庭植えで一番調子が悪いバラですが、毎年何とかもっています。

Ts3o0016



























フリージアです。これは黄色の花でとてもよい香りがします。

Ts3o0017



























ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズです。ダイアナ元王妃に与えられてバラです。彼女の名が冠されているのはこのバラのみです。

Ts3o0018



























カレイドスコープ、庭の奥の日だまりでひっそり咲いていますので、普段はめったに気がつかない場所にいるバラです。

Ts3o0022



























残念ながら名前がわかりません。名札があるのでしょうが、確認していません。

Ts3o0023



























ごめんなさい。これも花の名前がわかりません。

Ts3o0024



























Ts3o0025



























ゴールドバニーです。これも勢いがよくこれだけが多量の花を咲かせています。剪定ではこれは一番うまくいったようです。

Ts3o0026



























ジュリアです。これも意外と隅にあって気がつかないことがあります。
最近は、地植えのバラも調子がよくないこと多くなってきました。枯れる枝が多く、原因がわかりませんが、ハサミに原因があるようにも感じます。枝を切ったら、殺菌剤入りの癒合剤を塗布したほうがよいのかもしれません。

2009年11月15日 (日)

インフルエンザです。

子供と妻がかかり、その前から家族で注意していたのですが、無駄でした。
ついに私もです。すぐさまタミフルですが、熱があまりなかったのが幸いでした。
今までやってきた研修が、これでだめになってしまいました。仕方ないですね、体のほうが大事ですから。ですが3か月もの時間が無駄になりました。
静かに療養します。

2009年11月 7日 (土)

今回はe-フラワーさんの話です

以前、武蔵野シリーズと私が言っていたツクシイバラ系統群(私のホームページに詳細あり)ですが、e-フラワーさんからメールがあり、このシリーズの一部が定番商品となり、いつでも注文OKになりました。
これは以前、私もe-フラワーさんに問い合わせた(このシリーズで載っていない品種)こともあり、
また購入もしたのですが、ほかの方からも要望があったのか、定番商品としたようです。
おかげさまで、市場に出回った品種のうち一種類を残してすべて入手できました。
思えばこのシリーズを知ってから9割揃えるのに、5年の歳月が流れました!
あと一つ、気長に待ちます。あとは、市場に出なかった二品種もぜひ探して商品化してほしいものです。素晴らしいものだからです。

市場に出たが今回も出なかったもの 「吾野(あがの)」
市場に出なかったもの 「白玲(はくれい)」、「白露(しらつゆ)」

参考までに、e-フラワーさんのURLを載せておきます。
それと、ちょっと珍しいものも一緒に掲載されているようです。

e-フラワー

今回は宣伝になってしまいました。

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと