« カミキリムシ退治 | メイン | ちょっと庭のことではないのですが。 »

2009年9月27日 (日)

カミキリムシ退治の様子

カミキリムシの退治ですが、載せるのが遅れました。写真もはっきりしませんが、ご紹介します。

Ts3o0001



























Ts3o0002



























これがいつも使用している薬剤です。写真の通り噴射する先が細い管になっています。
でもこれが噴射しながらやらないと詰まるんですよ。

Ts3o0003



























Ts3o0004



























ちょっとわかりづらいのですが、錐の先が指しているのが、カミキリムシの幼虫が出した屑です。カミキリムシの幼虫が入っているかはこの屑で判断します。これを目印に食い入っている穴を探します。

Ts3o0007



























Ts3o0008



























上の写真は食い入っている穴を見つけたところですが、こんなにきれいになっている事はまずありません。食った後を崩しながら、または表皮をめくるとその下が食われていたりとしていますので、徹底的に錐のようなとがった器具で探って行きます。そうすると必ず穴が見つかります。土に埋まっていることもありますので、周囲も少し掘る事が必要なこともあります。
下の写真は、別の株ですが、以前処理できなかったものでかなりの屑が出ていますので、大きくなっている可能性があります。

Ts3o0005



























見つけた穴に薬剤を注入します。多めに薬剤を注入し、穴に浸透するようにします。また、穴から噴出すくらいに行います。
Ts3o0006



























わかりづらいのですが、穴から薬剤が出てきている様子ですが、このくらいまで行います。
今回はとても多く、例年ですと二株くらいですんでいたのですが、八株もあり、まだ怪しいのが一株あります。
そのうち一株は完全に食われ、根元より枝が折れてしまい、枯れました。このとき体調が5センチほどの幼虫が入っていました。やられたのはサンショウバラでした。
ここまでやりましたがまた確認が必要です。冬になる前に、全部退治できればいいのですが。
それまで、バラの株元を確認する必要がありそうです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/234301/21761447

カミキリムシ退治の様子を参照しているブログ:

コメント

カミキリムシの幼虫にやられても、なかなか穴が見つからなくいつも不安な思いをしています。私はこんなこともうり、ゴキジェットとかキンチョールを心当たりというか根本付近に噴射していました。そうすると、弱い株とか、挿し木株は枯れてしまう事が多いです。今まで、マダムアルフレッドキャリエール、グラハムトーマス、パットオースチンなどを枯らしました。

先般カミキリの幼虫退治の薬を教えていただいて、直ぐにホームセンターの2ヶ所ばかり探しましたが、売り場に見あたりませんでした。この噴霧薬なら薔薇を枯らす事、相当避けられそうですね。また探してみます。今度ジョイフル本田に行ってみます。ここは凄く遠いです。都下の瑞穂にあります。

まさに戦いですね。
薔薇を守る為の苦労する状況と対応方法が、解かり易いです。


 勉強になりますね。

みなみさん、この薬は私もいろいろ探してみるのですが、よく利用する農業資材を扱っているお店にありました。私も見つけると2本は必ず買っておきます。
金鳥の製品です。もしもの時は注文をしておくと良いかもしれませんね。後は穴を見つけることが大事かと思います。敵を逃がさないためにも。

hotakaさん、確かに小さな戦場です。
でも火種は何事も小さいうちにです。

薔薇の戦士よ。ご苦労様です。

今日は休みで、親もデイなので完全自分の時間であります。
午前はドライブと撮影に行きましたが、あいにく雨であり、帰路に久しぶりに喜多方ラーメンとチャーハンを食べてきました。
夕方、ケアマネ主催の担当者会議であります。

今日は、自身二科 受診して、透析の付き添いであります。それば終われば…少し安静確保を目標です。

今妻の携帯の機種変更をしています。イーモバイルのテスト機でやっています。

今日はお休みですか?奥さんも携帯を新しくしたのですね。凄いね。(*^_^*)(*^_^*)

コメントを投稿

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと