« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

カミキリムシ退治の様子

カミキリムシの退治ですが、載せるのが遅れました。写真もはっきりしませんが、ご紹介します。

Ts3o0001



























Ts3o0002



























これがいつも使用している薬剤です。写真の通り噴射する先が細い管になっています。
でもこれが噴射しながらやらないと詰まるんですよ。

Ts3o0003



























Ts3o0004



























ちょっとわかりづらいのですが、錐の先が指しているのが、カミキリムシの幼虫が出した屑です。カミキリムシの幼虫が入っているかはこの屑で判断します。これを目印に食い入っている穴を探します。

Ts3o0007



























Ts3o0008



























上の写真は食い入っている穴を見つけたところですが、こんなにきれいになっている事はまずありません。食った後を崩しながら、または表皮をめくるとその下が食われていたりとしていますので、徹底的に錐のようなとがった器具で探って行きます。そうすると必ず穴が見つかります。土に埋まっていることもありますので、周囲も少し掘る事が必要なこともあります。
下の写真は、別の株ですが、以前処理できなかったものでかなりの屑が出ていますので、大きくなっている可能性があります。

Ts3o0005



























見つけた穴に薬剤を注入します。多めに薬剤を注入し、穴に浸透するようにします。また、穴から噴出すくらいに行います。
Ts3o0006



























わかりづらいのですが、穴から薬剤が出てきている様子ですが、このくらいまで行います。
今回はとても多く、例年ですと二株くらいですんでいたのですが、八株もあり、まだ怪しいのが一株あります。
そのうち一株は完全に食われ、根元より枝が折れてしまい、枯れました。このとき体調が5センチほどの幼虫が入っていました。やられたのはサンショウバラでした。
ここまでやりましたがまた確認が必要です。冬になる前に、全部退治できればいいのですが。
それまで、バラの株元を確認する必要がありそうです。

2009年9月25日 (金)

カミキリムシ退治

今日はカミキリムシの退治を行う予定です。間に合わず枯れてしまった山椒バラの仇をとります。
先日確認したところ結構まだ生き残っているのもがいるので、今日は薬剤も手に入ったので徹底的にやります。

2009年9月23日 (水)

早いのですが・・・・

今日は休みでしたので、9時過ぎから菜園のことをやりました。
昨日畝たてをしておいたのですが、10月からとても忙しくまた、今月末も忙しいので、早いのですが、野菜の種を蒔いてしまいました。
朝晩が冷えるので、同じく野菜を作っている仕事場の人から「少し寒くなるのが早いからトンネルをしないとだめかも」、と言われていたのですが、大丈夫そうなので、しませんでした。

さて今年もいつもの通りの野菜を蒔きました。
ほうれん草、大根、春菊、水菜、べんり菜、かき菜です。全部直播してしまいました。いつもですとかき菜はトレーからポットに、そして植え付けと言う手順を踏むのですが、止めました。
手間ですし、今年はいろいろ忙しい年ですので、手間を省きました。さてものぐさ菜園どうなりますことやら。

さて庭は今アスターが満開。そしてノコンギク。バラも早く剪定した物は咲きだしてきれいです。
Ts3o0003



























Ts3o0004



























さて、これも花なのですが、お分かりでしょうか?
これでもバラなんです。今まであまりお見せしたことがなかったのですが、この時期にとてもきれいに咲いたので写真に撮ってみました。なかなかきれいに咲かないので、これだけきれいに咲いたのは久しぶりです。名前は、ロサ・キネンシス・ビリティフローラといいます。グリーンローズともいうようですが、これでもれっきとしたバラであります。
目立ちません。豪華でもありません。香りもありません。でもバラです。

Ts3o0005



























今我が家のバラはこのように少しだけですが咲いています。ソフィーズ・パーペチュアルなどは、また玄関先でとてもよい香りを醸し出しています。

Ts3o0006



























これは、パート2の方には載せましたが、グラジオラス・ムリエラエです。グラジオラスの仲間で原種です。とてもよい香りがします。残念ながら今年は1本だけしか花が咲きませんでしたが、幾つも生えているので、来年は期待できるかもしれません。これは秋咲きです。
白に紫のブロッチがとても印象的です。チューリップの原種系でも同じようなものがありました。

それと今日は、春に活躍してくれた水仙などをプランターより掘り上げましたので、水仙は地植えに、そのほかはプランターに植えました。また新しくチューリップの球根も購入したので植えつけました。本当は10月でいいのですが、先ほど言ったように暇が見つかりそうにないので、植え付けを早めました。

2009年9月19日 (土)

今日は息子の運動会でした

今日は、天気もよく助かりました。小学生で一番末っ子の運動会でした。彼は出かける前に、「小学校最後の運動会だからがんばるぞ!」といって出かけて行きました。
そんな彼を見て、私はすぐ庭に行き、きれいにに咲いているバラを数本採ってきて、玄関に飾りました。
彼はその通り、一つ一つ頑張っていました。各種目一つ一つを細かく見たらできていないのですが、今まで無理かなあと思っていたのが、できているので感動でした。
いつもクラスのみんなにご迷惑をおかけしたり、面倒を見ていただきながらも、何とかここまでこれたのは、本当息子を支えてくれる皆さんのおかげと、感謝です。言葉になりません。
おもえば、小さい時に高熱を出しひきつけ、それ以来、変な子といわれながらも頑張ってきた息子に拍手です。
我慢をする、人を思うことも学びました。人前でもパニックを起こしていたのが激減。いろんなことがありましたが、彼を支えてくれるお友達と、教職員の方に本当に感謝です。
そろそろ彼の今後を夫婦で話し合う必要あるかなあ。と、考えております。本当はこれが一番つらいことなんですが。

なんか、今日はぜんぜん園芸の話はありませんでしたね。
明日はなんか上司から休めとのご命令。ありがたく休ませてもらうことにしました。やることは当然畑の準備でしょう!

2009年9月18日 (金)

バラの水やり

今日は休みになりましたので、きになっていたバラの鉢の水やりをしました。案の定、先日仕立て直したバラのがしおれ、葉もやられてしまいました。
忙しくてもやっぱり見ていないとだめですね。サンショウバラも見ていなかったためにカミキリムシの幼虫に食われ枯れました。つくづく日々の観察が必要であると思いました。実はまだ被害にあっているバラがあるのですが、薬が手に入らなくて、退治できずにいます。

今日から菜園の片づけを始めました。秋蒔きの野菜の準備ですが、例年より遅くなっています。
何とか追いつけるといいのですが。

Sn340168



























画像が悪いのですが、夕顔です。本当に夕方に咲き、朝にはしぼんでしまいます。香りもちょっと甘い香りがして、とても面白いです。今年は種ができたら来年用にとって置きたいですね。

2009年9月17日 (木)

庭仕事ができません。

リフレッシュ休暇中に研修二日はさすがに、きついです。今回は合計5日もあるのですが、今日3日目が終了しました。ストレスがかかる研修でした。次回は11月なのですが、それまでにやらなくではならない実習があります。ストレスですね。
そんなことでなかなか庭や菜園のことができずにいます。もう秋蒔きの野菜用に畑を準備しなくてはならないのですが。

ネットでバラのことを調べていましたら、ロサ・ペルシカの系統が結構最近は出てきていることがわかりました。最近では、アイズ・フォー・ユーという品種があることがわかり、大苗はすでに完売でしたので、春苗を予約しました。
Photo
















これがアイズ・フォー・ユーです。写真はちょっと拝借しました。ブルー・フォー・ユーの系統かもしれませんね。

そして、日本では出回っていないかもしれませんが、ぺルシアンピーチぺルシアンフレームもなんかいいです。そのほかにもあるようですが、実態がわかりません。できれば市場に出ることを願っています。やっぱりバラは本当にすばらしい。

先日実家に帰る用がありましたが、その際に父が万両を持たせてくれました。2年から3年物だそうで、困りました。枯らす事ができません。大事に育ってなければなりません。
明日は休日ですので数日ぶりに水やりと畑の整理を行う予定です。

2009年9月12日 (土)

リフレッシュ休暇

今週の月曜から9日間リフレッシュ休暇に入りましたが、昨日と、14日はなぜか研修。ぜんぜんリフレッシュではありません。しかし、バラの剪定も全部終わり、メリットがなかったわけではありませんが。

さて、久しぶりに写真を掲載しますが、携帯のカメラで撮ったので写りは良くありません。

Sn340161



























やっぱり写り悪いですね。これは大賀蓮の実です。10個ほどの種ができているのがお分かりでしょうか。蜂巣と言います蓮の実を。江戸時代の付け根には良く使われた題材です。
付け根は、印籠と一対で帯に挟んで落ちないようにするための留め金の役目をしていました。

Sn340162



























ハマナスの実です。この木のものは全部大実で、ミニトマトほどあります。これをローズヒップにすることができます。ローズヒップというと良く使われるのはロサ・カニナの実ですが、意外と知られていないのがハマナスの実。実はローズヒップジャムや、ハーブティーにも使われてたいるんですよ。

Sn340163



























さあ、でました。我が家のシンボルツリー、ポポーの実です。ついに収穫時期になりました。毎日木から落ちてきます。傷になってしまうのですが、その方法が手間がなく高いハシゴもいりませんからね。落ち始めて3日目ですが、すでに食べ切れません。でも、今年はあまりおいしくない実が多いようで、半分以上は香りが良くありません。香りが良くないのはおいしくないです。ちょっと焦げたようなにおいのものは、おいしくありません。バナナが熟れた様な匂いのものはまず間違いなくおいしいです。そうそう、1日か2日は追熟します。味は、きっと好き嫌いがあるかと思います。日持ちはしません。種が大きいので食べずらいです。

Sn340166



























これもあまり良い写りではないですね。アスターです。菊と同じ仲間ですので、この時期に咲きます。見た目はノコンギクと同じですね。我が家のノコンギクはまだ咲きはじめですので花数は少ないです。

Sn340159



























わかりづらいかと思いますが、バラの花の上に休んでいるアマガエルです。我が家にはカエルはたくさんいます。カマキリは数匹いるのですが、いまは薬を散布していないので、大きくなっています。邪魔なときは叩き落すと、「このやろう!」って、わたしを見上げています。薬剤散布はまだしばらく控えておこうと思います。すでに病気で葉はほとんど落ちてしまっているので、観察しようと思います。

今回はこれくらいですね。

2009年9月 2日 (水)

写真が載せられません・・・

いま、私の息子にデジカメを持っていかれてしまっているので、写真が撮れません。
農業鑑定競技用の写真撮りをしているようで、いっこうに帰ってくる気配なしです。
まあ仕方ありません。今度は携帯で場をしのぎますか。

2009年9月 1日 (火)

杉田 孝夫さま、申し訳ありません。

杉田 孝夫さま、申し訳ありませんでした。何かコメントを頂いていたようで、ご返事が遅れました。
お尋ねのヘアリーベッチの種子の件ですが、大量に購入の場合は、大手種苗会社からの購入となります。少量ですと、ホームセンターなどで購入できることもありますが、いずれにしても一般での購入は難しいかと思います。
現在確認できているのはサカタのタネでの通販があります。それ以外はちょっとわかりません。申し訳ありません。

でもヘアリーベッチは恐ろしいですよ。そのままにしておくと木でも何でもつるで登ってきます。我が家は、いまだに退治できていません。毎年こぼれ種で勢力を維持しています。下草とはいきませんよ。定期的に草刈機で切り払うほうがいいかと。夏には枯れてなくなりますが。

秋バラの剪定

秋バラの剪定の時期になりました。本当なら8月下旬から行うほうがよいのですが、
今年は、もっと遅れます。私があまり乗る気がしないのです。
しかし、リフレッシュ休暇なるものを取りましたので、それのあわせて剪定と手入れをすることにしています。庭は草だらけで、バラも伸び放題になっています。当然虫も食べ放題の状態です。

バラはぽつぽつと咲いてはいるのですが、咲くとカナブンにやられてしまいます。カミキリムシにやられている株も確認していますが、リフレッシュ休暇まで様子見ます。

さて、リフレッシュ休暇ですが、7日より9日間ほど取る予定ですが、その間に出張が2日も入っていました。ぜんぜんリフレッシュではありませんね。

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと