« 2008年8月 | メイン | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

野菜の芽が出始めました

先日蒔いた野菜の芽が出始めました。べんり菜、大根、水菜、春菊が出てきました。かき菜はまだでしたが、直に出てくることでしょう。しかし猫が悪さをして、畝が掘られていたりします。どうも猫は畑を耕すと悪さをします。また、芽が出始めましたので、一度だけ農薬のオルトランを虫除けにまいておきます。ネットで防虫すればよいのでしょうが、畝の間隔が狭いのでちょっと迷っています。いずれにせよ、芽が出てきたのでほっとしています。

昨日はバラの薬剤散布を行いました。今回は殺虫剤にはスミチオン1000倍希釈、殺菌剤にはサプロール2000倍希釈、展着剤にはアプローチBIとアビオンEを使いました。展着剤を2種類にしたのは性質による違いを利用しています。アプローチBIは浸透性に優れ、アビオンEは固着だけ行う展着剤ですので二つの良い所を利用しようということです。現にやっている人がいましたので、やってみたわけです。これで心配事がとりあえず片付いたので、今日はゆっくり休みました。

2008年9月25日 (木)

種まきをしました

今日はやっと秋蒔きの野菜の種をまくことができました。今日蒔いたのは、大根、春菊、ほうれん草、べんり菜、水菜、かき菜の6種類です。かき菜はトレー蒔きにして後で植えます。かき菜を植えるところは、いつも何か植わっていることが多いので、そうしています。また友人にもあげるのでトレーに蒔いて発芽するとポット上げしています。今回はトレーでも丸穴の32個にしました。ポット上げの手間を省くためですが。ゴーヤとカボチャの棚も片付けてしまいましたが、その際にゴーヤがかなり採れました。全部は食べられないので親しい人にもらっていただきましたが、まだあるので、明日職場に少し持っていってみるつもりです。もらってくれる人がいるといいのですが。今日はやりたかった事がほとんどできました。後はバラの消毒をするくらいになりました。

9月15日に職場で利用者さんと近くの山を散策していた時にとても面白いものを見つけたので、利用者さんのカメラを借りて撮影しました。

P9151398

何枚か撮ったのですが、これが一番よいので載せて見ます。帰って調べてみましたが、まったくわかりませんでした。花や山野草が好きな年配の女性職員が調べてみるよと言ってくれました。翌日、ツルニンジンと教えてもらいました。つる性の植物であったので、センニンソウやハンショウヅルかと思っていたのですが、ツルニンジンとは。とても面白かったので、近くの山でも散策すると発見があるものだとつくづく思いました。以前は、玉アジサイの存在も知りましたし、今年春にはピンクの野茨を見出して挿し木ができました。そろそろ鉢上げをしても良いようです。そして今回のツルニンジン。山にはまだまだ面白いものがありそうですね。そうそう、ピンクの野茨の親株、やはり刈られてしまって存在が確認できませんでした。挿し木したものを大事に育てたいと思います。来年の春が楽しみではあります。

2008年9月17日 (水)

今日は畑をやります。

荒れ放題の畑ですが、もう収穫するものが少なくなったので、片づけをして、次の種まきをしようと思います。これから取り掛かる予定ですが、ナス以外は片付けてしまいます。例年よりすでに1週間遅れであります。トレーの種まきも昨年はすでに終わっていました。うーん今年は全体的に遅れている。まあ、仕方ないです。バラの薬剤散布もしようと思ったのですが、来週へまわします。そうするとちょうど旧暦で散布適期になるので、そちらまで引っ張りますが、剪定の影響でやはり芽が動き出してきました。本来芽を食われないように散布するといいのですが。

さて、今咲いている花ですが、マイクロアスターとヤブランがあります。

P9170279

P9170283

我が家にあるのは、ヤブランでも斑入りです。はじめは5株ぐらい買ってきたのですが、今では増えて密集しています。マイクロアスターもプランターの中で4年ぐらいいます。家の裏手には葉の長い竜のひげで土留めをしてあります。玉竜も結構増えるので、プランターの縁取りなどにも利用できます。ヤブランも結構土留めや縁取りに利用すると面白いです。

P9170281

P9170282

これが我が家にいる、ウォレマイパインです。上の写真はわかりづらいですが、4本並んで普段置いてある写真です。下のは1本だけ撮ってみました。我が家のは1㍍はありませんが、順調に大きくなっています。今年は20㌢くらい伸びましたが、ほとんど放任です。気を使って栽培なんてしてませんし、時には乾燥しきっている時もあります。適度に手をかけるのでよいのかも。

畑のほうもナスを残して片付けてしまい、微活元とハイグリーンを混ぜ込みました。次の野菜の種まきは例年より1週間遅く、まだ種を蒔くまでには至らなかったので、2週間ほど遅れるかもしれません。やはり8月の後半の雨が予定を狂わせています。まあ、何とかなるでしょう。

P9170284

2008年9月10日 (水)

ウォレマイパインは元気です。

以前我が家の古代植物ウォレマイパインの事を書きましたが、バラの剪定をしていてバラに埋もれていたウォレマイパインを再発見しました。ぜんぜん面倒を見てませんが、元気に育っていました。4本あるのですが、どれも同じ背丈になっていました。今年は葉に枯れ込みもなく日焼けもしていませんでした。バラの陰になっていたのがよかったのでしょうか?剪定してしまったので、今度は少し日に当たってもらいます。それとちょっと肥料でもくれようかと考えています。なんかウォレマイパインは、栽培が難しいと思っているのか、かなり気を使ってやっている人もいます。我が家のウォレマイパインはかなりの受難を乗り切っています。2006年に購入した時は、それこそまだ、世界同時発売の時期でしたので、物は小さく用土も最小限しかない筒状のポットで着ましたので、どう栽培したらよいかなんてわかりませんし情報もありませんでした。適当にやっていたら、日焼けはするは、寒さ焼けはするはで枯れる寸前?ぐらいまでいきました。しかし春になり根や芽が動き出すと次第に元気になり、枯れそうに茶色になっていた葉がみるみる緑に復活するんです。この時この植物は環境の変化になれることがわかりました。公式のホームページでも環境の変化への適応能力はあることを言ってました。我が家のウォレマイパインはその後の冬でも外で過ごし、夏も乗り切ってます。ですから徒長はしてませんし伸びも遅いですがしっかりとしています。肥料もしばらくはもらっていませんが、ふっと気がついたときにバイオゴールドという固形の肥料をやっていました。それくらいです。一度鉢栽培ですので、植え替えをしています。そんなに気を使っていません。確かに夏の遮光は必要なようですが。ちょっと頑張っている人のホームページ見たら反論したくなりましたごめんなさい。また、後日に写真を載せたいと思います。とうぜん、かわいい、かわいいはしてませんので、不細工ですが、気に入っている植物であります。

2008年9月 9日 (火)

今日は最高の天気でした!

ずっと雨でなかなか進まなかったバラの剪定を、一気に行いましたと、言ってもまだ4割がた終わったところですが。進みましたよ、進入禁止区域がきれいさっぱりして、通行できるようになりました。一番ひどくほっておいたところがきれいになりました。明日は宿直、次の日の明けからまた開始して、次の日も休みですから何とか終わりにしたいものです。

さて、今年はなんと昨年実をつけなかったポポーの木が、実をつけており、早生なのかすでに実が熟してきて落ちてしまった実が4つほどあり、虫のえさになりました。仕方なく木になっているものを確認したら、やわらかいものがひと房あったのでちょっと触れたところ実がぽろっと取れました。今年ポポーの初収穫です!この房は3個実がついていたので、ひとつ食べてしまいました。うまい!という事で皆さんには写真だけ紹介します。

P9090278

P9090276

P9090277

本当は1日か2日くらい追熟させて食べるともっとおいしいです。バナナのような香りがして、味はカスタードクリームのようななんとも不思議な味ですが、acalaはこれにはまっています。現在5本木がありますが、以前枯れてしまった所からも生えてきました。また種を捨てたところからも生えてます、強い。実生からでは実がなるのに4年から5年かかります。我が家のポポーは4年目から花が咲きました。当然自家受粉の難しいポポーですから人工授粉をしました。今年は自然に任せようかと思ったのですが、半分以上は人工授粉しました。しかし受粉できなかった箇所にも実ができていましたので、確率は低いですが、自然交配も大丈夫なようです。ただ、今年は実が大きくなってきた時に大風が多かったので、かなりの量の実を失いました。それでもまだ沢山なってます。本当は10月が時期なんですが、ちょっと早めもうれしいですね。

それと、私のブログを訪問してくれました、920_375さん、ありがとうございます。コメントを沢山してください。hotakaさんは私の同級生です。hotakaさん同様、よろしく。お花が好きだそうですが、当然バラも好きですよね?

2008年9月 3日 (水)

ご無沙汰しています、久しぶりの更新です。

前回からずいぶんと日にちが経ってしまいましたが、園芸や菜園の管理をまるっきりしてませんでした。雨が原因であります。

蓮の花が咲いたところで終わっていましたので、咲いた蓮の花を一気に公開します。

P8230254

P8230255

P8230256_2

P8230257

P8230262

P8230268

P8230272

P8230273

という感じでありますが、どうでしょうか?自分の家で見る蓮も面白いもですね。もうひとつ私のお気に入りの花が咲いていましたので、ご紹介します。日本のベゴニヤといわれ、これ以上耐寒性の強いものはないといわれるベゴニヤです。

P8230252

P8230253

シュウカイドウといいます。田舎では見かけることもあるかと思います。日本が誇るベゴニヤの一種ですので、園芸屋さんで見かけたらゲットです。なかなか出ませんので。私は2株購入して、今年で2年目です。いくらか株が大きくなってきたようです。これはむかごでも増えるようです。

今日は、もさかったバラをちょっとだけ剪定しました。玄関までの通り道だけですが、広くなりました。これで3日ほど休みがあれば一気に夏の剪定できるのですが。最後に蓮の花が散った様子をご覧ください。

P8280274

P8280275

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと