« ノイバラの挿し木をしました。 | メイン | 今日のバラ(11) »

2008年6月13日 (金)

バラの手入れを行いました

昨日に続き、バラの手入れを行いました。今日は愛妻も休みで手伝ってくれました。容赦なくバラのつぼみも咲いてる花も落としました。病気の葉や鉢に生えた草などもとり、何とか終わりました。妻にやってもらったところも確認して大丈夫でしたので、いったん終わりです。うどん粉病のある葉も存在してますが、雨も落ちてきてもう無理ですので、終わりにしました。野菜もちょっとだけ収穫ができるようになって来ました。この季節に入ると小さかった野菜苗もどんどん大きくなり立派になってきましたが、ナスの葉を勢いよく食べている毛虫を発見!こういったやからも増えてきます。これからは毎日見回りが必要になります。そうそう私はバラに農薬は撒きますが、野菜は基本的には植え付け時のオルトラン以外はしません。それとネオニコチノイド系の殺虫剤も撒きません。なぜなら、ネオニコチノイド系の薬剤は散布したとたんに蜂類を殺傷してしますからです。ごく微量に空気中に漂うだけで蜂を殺してしまいます。特にミツバチ系は悲惨です。我が家にはたくさんの種類の蜂がやって来て、野菜の受粉や、毛虫退治をやってくれるので、助かっている面もあるからです。できればネオニコチノイド系の殺虫剤は使うのを止めましょう。バラの時期はいろいろな蜂が集まるので、結構面白いですよ。小さいミツバチ系から、最大はクマンバチで、彼らはやってくる時間が決まっています。巣が近くにあるのか、いったん帰ってから2,3分ですぐに戻ってきます。クマンバチは結構面白いですよ。毎年彼らは増えてきて今年は4匹になりました。彼らも花粉採りに夢中で私が近くにいても気がつきません。と言うか私が邪魔をしないように距離を取っているからかも知れませんが。はじめは怖かったですね、でも一定の距離でバラいじりをしていれば何もしない事がわかりました。一番いやなのはスズメバチと、アシナガバチですかねやっぱり。今日は大スズメバチが飛んできましたのでちょっとびっくり。この2種は離れるようにしてます。でもこいつらは庭の毛虫や昆虫をカメムシ以外は狩りをしてくれます。できればカメムシも狩って!以前にスズメバチが何かを捕まえたのを見たのですが、バリバリと音がして見るとなんとコガネムシを噛み砕いているではありませんか。でも大事な時にこいつは来ないのです。coldsweats012,3年前に野菜に毛虫が大量発生してしまい、退治しなくてはと思って、休みにさてやるぞと思ったら、ごっそりいなくなっていた事がありました。そういえば、アシナガバチやスズメバチがやけに飛んでいました。彼らがえさにしたんですね。ただ、困るのは庭に巣を作られることです。依然藪にしてしまったところを草刈していたら、突然巣が見え、大量の蜂がいるのであわてて逃げたことがありました。ほとぼりが冷めたところで、キンチョール片手にかわいそうですが、退治させてもらいました。今年はバラの花ガラつみをやっていて、切った枝に何かあるので見ると、なんと蜂の巣が付いていて、あわてて放り投げたことがありました。wobblyよくガーデニングなんかやっている人で気がつかないで刺されてしまう事があるそうですので、気をつけたほうがいいですよ。私の場合は運が良かったのですが。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/234301/12849164

バラの手入れを行いましたを参照しているブログ:

コメント

足長蜂に刺されたことが、子供の頃にあります。近所の子らと遊んでいて・・垣根越に『缶けり』で突入する時に・・刺されました。以来、蜂には注意してます。

 一家の近所のお兄ちゃんと蝉取りに行き・・・雀蜂を見たときには・・ビビリましたです。

コメントを投稿

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと