« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月17日 (木)

寒くなってきましたが・・・

大寒を前にとても寒くなってきましたが、昨日は休みで、ナニワイバラの棚を修理してバラを剪定誘引してすっきりさせました。写真は撮ってありませんが、かなり枝を落としました。ここは道路に面しているところなので、結構苦情が来るのでばっさりやりました。まあ、時期になればまたモサクなるんですがね。こいつは元気がいいのでバンバン枝を伸ばすんです。毎年剪定してしまうので、たくさん花が咲きませんが仕方ありません。こいつと格闘して剪定誘引に2時間半ほどかかりました。剪定はこれからが本番になってきますが、枯れた草花や草の片付けもありますから、まだまだやる事はあります。明日、明後日と連休になりますので、できるところまで進めておかないと、と思っています。

野菜苗の注文のカタログが来ました。今年もなすときゅうりを頼む予定ですが、ちょっと変わったトマトの種も注文しようと思っています。野菜も植える場所がないのに、余計なもの結構注文してしまっています。まくわうりとかぼちゃは余計でしたが、どこか棚で作ろうと企画しています。かぼちゃの棚作り最近はやっているんですよ。棚と言えばゴーヤをいつも合掌棚でやっていたのですが、今年は四角に棚を作ってやろうかと考えています。というのは、ゴーヤのために今年は場所を空けてあるのです。そこの畑一面(一坪も無いですが)にゴーヤを作れるので、自由にやれます。今年は14品目ですが、そんなに植える場所はありません。トマトは大鉢で作ります。バジルと春菊は畑の隅で、四角豆もどこか空き地で、というように空き地探しをしながら植えて行きます。計画性無いなあ、ホント。メインの作物は実際には作付けをする区画があります。面白がってやるものにはちょっと畑を提供できないので、工夫が必要ですが、これも栽培技術の習得のためです。以前スイカをプランターで作りましたが、私はスイカはうまくいったことがないのでやはり失敗でした。それとピーマンもです。なぜか判りませんが、数年やってだめな物は作らない事にしています。

ちなみに今年の栽培品目は、

枝豆、きゅうり、なす、ゴーヤ、オクラ、モロヘイヤ、ミニトマト、四角豆、かぼちゃ、まくわうり、バジル、とうもろこし、落花生、春菊です。

栽培場所の確保が問題ですね。なんといっても、バラの鉢が畑まで進出してますから。

2008年1月12日 (土)

どんどん焼き?

あすはacalaが住んでいる地区のどんどん焼きがあります。近隣の地区はほとんどが明日ではないかと思います。そんな訳で、まゆ玉を我が家も作りました。

P1120172





















そのうちの一本ですが、我が家は狭いため、置く場所が無く、植物を置くための棚に括り付けてあります。今年は白しか作りませんでしたが、まあ、よしとしましょう。

今日はとても寒く、雨降りでしたので、バラの事は何もせずと言いたいのですが、接木を行いました。降りがまだ激しくない時に台木をとって来て、接木ができるように土を洗い根を出しておきました。それをビニールで包んで乾燥しないようにしておきました。また枯れそうになっているバラの枝をとって来て、本数分に切って処理しておきました。接木はごく一般的な方法でやりました。接いだものはミズゴケを濡らして搾り、それを根に巻き付けて乾燥にないように包み、さらにビニールで覆いました。

P1120169

P1120170

P1120173



















画像は分かりづらいかもしれませんが、こんな感じです。接木の最中は撮影してありませんが、切った枝が乾くとだめになるので、すばやく作業する関係上あえて撮影しません。接木用のテープはニューメデールという伸縮して癒着する特殊なテープを使用しています。これは3年ほど前に2巻購入してあり、芽接ぎや接木で重宝してます。これだと蝋で固めたりすることがないのでいいですし、縛る必要も無いので最高です。国華園の通販では扱っていました。接木や芽接ぎはノイバラが必要になりますが、挿し木にしたものが使いやすくて便利です。実生からだと色々面倒ですから素人は挿し木がいいかも知れません。また、スタンダード用に長く挿しておいたものも、短くすることで、普通の接木芽接ぎに対応できますので、長いまま何本も作っておくことをお勧めします。剪定で出た枝を使えばいいのですから、安上がりです。それに、ちょうど休眠枝挿しの時期と重なるので、一石二鳥と言うところでしょうか。

それと、長いノイバラの枝を挿す前に、上の2、3芽を残して、後は芽抜きの作業をしておいてください。でないと、春に全部の芽から枝が出てしまい使い物にならなくなってしまいますので。芽抜きとは芽の出るところを削り取る作業です。スタンダード用の台木を作るのに一番基本となる作業です。わたしはこのノイバラをそのままスタンダードにして楽しんでいます。結構面白いですよ。

2008年1月 9日 (水)

ノイバラの植え替えと誘引をしました

今日は午前中暖かくとても良い日でしたが、午後は風が出て寒くなってしまいましたね。今日は西側の棚で誘引してあった、ツクシイバラなどの植え替えを行いました。鉢から根が出ていてとても根を切ってもってくるのが大変でした。剪定はしてあったのでその分、楽でした。今日は一気に誘引までしてしまおうと考え、夕方までかかって誘引を行いました。今年この棚には9種類のバラを誘引しました。ロサ・カニナ、ツクシイバラ6種(宵宮、人里、春霞、朧月、舞子、花車)、ノイバラ、ポールズ・ヒマラヤン・ムスクの9種類です。少しきゅうくつですけど何とかなるでしょう。

Yuin1

Yuin2



















2枚の写真が誘引を終わったバラの棚です。通称いぼだけの竿で組んであります。組むのにはシュロ縄で縛りました。天然資材を使った方が後で土に帰るので、ビニールの紐は使いません。

Uekae



















これは植え替えが終わったバラの鉢です。まだ仮剪定しかしてないので、まだむさくるしいですが、ぼちぼち本格的になって行きます。あとは、ミニバラの鉢が6鉢と、桜2鉢、梅1鉢、雪柳2鉢が残っています。

今我が家で咲いている花といえば、パンジー、ビオラが幾つかのプランターで花を咲かせています。また香りの良いろうばいとカンザキアヤメです。

Robai1

Robai2



















素心ろうばいと満月ろうばいです。素心ろうばいの選抜種が満月ろうばいで、普通は素心ろうばいに接いで売っています。

Ayame1

Ayame2



















これがカンザキアヤメです。本当に寒い時期に咲いているので、ちょっと驚きますが、良いものを手に入れました。株分けしたものも大きい株にしてみようと思っています。

2008年1月 8日 (火)

アヤメが咲いてます。

我が家には、不思議なアヤメがあります。四季咲きと称していたアヤメなのですが、これが毎年冬の今頃に咲くのです。花が一本二本ではなく、数本咲いて楽しませてくれます。昨年は株分けができなかったので、生育前に株分け植え替えをしてやろうと思います。実は株分けして幾つか鉢などにあるのですが、どうも分けたものは生育が悪くて、うまく生長していませんでも昨日見たとき株が幾分大きくなりつつあるのでもう少しほうってあるものを手をかけてやろうかと考えています。写真は次回載せますね。少し調べたところ、カンザキアヤメといい、地中海原産のアヤメだそうです。でも寒い時期に咲くので面白いです。地植えでも大丈夫みたいですが、一株植えたものが、絶えそうになっていましたが、寒くなり持ち直しています。今度株分けしたら、地植えで数箇所植えて試してみます。

石灰硫黄合剤散布完了

念願の石灰硫黄合剤を昨日全部のバラに散布ができました。バラの適応がなくなってしまったようなのですが、これがないと春にはひどい病気に悩まされるので、使用しました。他へのドリフトが無い様に霧状にせずなるべく粒を大きくして散布しました。これで後は残った鉢の植え替えと、寒肥だけになりました。まだ剪定も残っていますがとりあえずはこの二種目をやります。バラだけではなく桜、梅、雪柳の植え替えもあります。これが終われば全部終わったことになります。先はまだ長いぞ、あと一日は必要かな植え替えだけで。

2008年1月 2日 (水)

新年明けましておめでとうございます

いよいよ2008年となりましたが、acalaは元旦からバラの植え替え作業をしていました。植え替えがまだ終わりません。なんとしても3日までには終わりにしなくてはなりません。その後寒肥と石灰硫黄合剤の散布が待っています。やることはまだまだあります。年賀状もまだ印刷中で出してません・・・・。まあ、7日までに全部届けばいいかなあ?

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと