メイン | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

2月も終わりですね

今日で2月も終わりですね。早いもので、もう3月、年度末がやってきます。この時期何かと忙しくなり、大変であります。仕事のことですが。

畑仕事も同じくこれから忙しくなってきます。農園芸の資材を売っているお店でも、肥料などの動きが激しくなってきています。これからだと、ジャガイモが植えつけ時期が来ます。春の彼岸過ぎとよく言いますが、先人の言ったことは誠その通りもことが多いですね。年寄りの言うことむげにしてはいけませんよ。

2007年2月27日 (火)

種蒔きゴンベイ

今日は天気よく暖かくて良かった!久しぶりに室内の植物を外へ出してやれました。

さて、今日は2月27日ですね。もう2月も終わりになりますね。例年ですと、ミニトマトの種蒔きが終わっている時期なのですが、今年は遅れました。acalaはミニトマトをポットに蒔いて、発泡スチロールの箱へ収め、室内の日中暖かい窓辺へ置いておきます。夜は寒さよけのため箱のふたを閉めておきます。そんなことを毎日やっていると、ぽつらぽつらと芽が出てくるのです。

さて今年は少し作業の様子を写真に取りましたので、紹介します。

毎年品種は同じで、サカタの「アイコ」という品種を使いました。

種袋の隣に移っているのは、愛用の植物を活性化するHB-101という天然の抽出液です。高いのですが、そこそこ効果はあるようです。P2270057

http://www.hb-101.co.jp/に詳しくあります。

サカタの「アイコ」は育て易く、少し形が楕円形ですが、甘みがありとてもおいしいです。

http://www.sakataseed.co.jp/hotnews/2004/040527aiko.htmlに詳しくありますので参考に。

P2270056 ポットに種蒔き養土入れ、かなり乾いているので、十分に水で湿らせます。この時にHB-101を水に少量(8ℓに1滴か2滴)入れました。十分湿ったら種を一粒づつ蒔いて行きます。この袋では18粒と書いてありましたが、実際は21粒ありました。まあ100%の発芽は絶対ありませんので、少し多いほうが安心です。

P2270060 蒔いたらさらに水をかけてなじませます。これで終わりです。そんなに時間はかかりません。判りづらいですが右のような感じになります。これを今度は発泡スチロールの箱へ収め、室内の暖かい窓辺へ置いておくのです。使っているポットは当然使いまわしで、ダメになるまで使います。このポット大きさによって値段違いますが、100枚単位ですので、結構あるように思えるのですが、実際やっているととても足りません。3種類ぐらいの大きさを私も用意しています。植えると回収して、まとめて洗っておきます。プラ鉢も同様にしてなるべくお金かけないようにしています。黒のカゴなんかも花を買ったときなどにもらってきたりして集めておくと、これが今日みたいな作業で役に立ちます。また出来たものをまとめておくにも良いですよ。

こうにして芽が出て育ったミニトマトは、acalaの家では変わった植えられ方をされます。まあ、あまりやっている人はいないと思います。地植えではなく、大きな鉢での栽培になります。利点は邪魔なら違う場所へ移動できることです。それと鉢栽培することによって肥料のコントロールができるからです。でも、根本的に違うのはその植え方と元肥の入れ方なんですが・・・まあ企業秘密ということで、これ以上は教えられません。

また今日はジャコウナデシコなる花の種も蒔きました。同じくポット蒔きにしましたが、こちらはほとんどは外へ出したままにしてしまいました。9ポットだけミニトマトの箱に隙間があったので、入れておきました。外に置いたのでは出るかどうかわからないので、ちょっと保険に。acalaは4社から花や木、種や苗を通販で購入しています。その一社から提供(違う!サービス)されたものです。昨年はやはり異常気象で、うまく育たなかったものが多かったらしく、作百合を注文したらだめで、替わりの百合を注文した個数だけ送ってきてさらに代金は預かり(業者で預かって、次回に清算出来る)になりました。そういったとても誠意を見せてくれる業者もあります。ダメでしたから送れませんの手紙だけでなく、花の種一袋でも送ってくるような誠意を見せてほしいものです。ほかの業者さんも見習ってほしいですね。

2007年2月25日 (日)

睡蓮、蓮の植え替えが終わりました

今日は比較的穏やかな天気でしたので、睡蓮と蓮の植え替えを行いました。新しく購入した瓶に大賀蓮と実生から生やした蓮を植え、茶碗蓮はバケツに植えました。茶碗蓮は根茎が少し余ったので、もう一鉢作りました。蓮は全部で四鉢、睡蓮は一つの品種だけなのですが、株分けして増やしました。今年は大きい根茎は痛みが激しいので破棄し、小さいもので植え替えをしました。睡蓮も四鉢作りました。残念ながら作業中の写真は撮りませんでした。少しでも多く時間をかけたいからです。天気が良かったのでいっきに行うことができました。余談ですが、蓮はこの休眠時期すでに、春に展開する新しい葉と延びだす根茎が出来上がっています。これを折らないように残土を取ったり、根茎を切ったりするので、神経を使います。これで花木、草花、果樹すべて終了です。来月からは畑の準備へと入って行きます。

さて、今回は大賀蓮以外は黒土に少し赤玉土を混ぜました。大賀蓮は市販の水生植物の土を使いました。ともに、苦土石灰、ミリオン・ソフトシリカ(ケイ酸塩白土)を混ぜ込み、底には油粕の固形肥料(骨粉入り)を入れました。今までにないやり方をしたので、どうなるか春過ぎまで分かりません。これでうまく行けば、何も高い専用の土でなくてもいいわけですから、次回からは安くできるのではないかと思います。意外とこういった資材にお金がかかってしまいます。鉢などは一度買えばしばらくはもちますが、消耗品は仕方ない面もあります。ですから少しでも安い店で買うように心がけています。でも最近高い肥料使ったりすることが多いかな?やはり品質が違います。お金をかけるところはしっかり見極めが必要かと思います。

2007年2月24日 (土)

一日何もせず。

風が強かったので、結局何もしませんでした。家族と昼食を久しぶりに食べに行きました。

その帰りに、演芸の虫が動き出し、前橋のJA花木流通センターへ行ってしまいました。

そこの直売所に神社風コロッケというのがあるのですが、私が子供の頃に、よく屋台の人がそのコロッケを売り歩いていまして、とても大好きでした。その懐かしい味があるので、ここへ寄るといつもあるか探し、あると買って帰ります。小麦、ジャガイモ、青海苔、パン粉が原料で、揚げてあります。そしてソースがたっぷりしみ込ませてあります。我が家は全員これが好きです。何かのようで寄った時は思い出してください。

P2240052 

さて、ここではヒメエニシダが一本だけありました。これはけっこう香りが好きで、やっぱり買ってしまいました。以前は庭に植えたのですが、耐寒性が弱いのですが、3年持ちました。とても大きくなり、それは見事でしたが、惜しくも3本あった木も一本づつ枯れてしまいました。冬に寒さでやられてしまったようです。今回は鉢で管理しようと考えています。




P2240053_1




それと、はんしょうづるを花色が違うもの一つづつ買いました。はんしょうづるは日本原産のクレマチスの仲間です。日本にもクレマチスは存在しています。かざぐるま(てっせん)、せんにんそう、ぼたんづる、はんしょうづる、みんなクレマチスです。この事実を知ったときacalaは驚きました。そういえば見たことあるような気がしたからです。野山に普通に生えていたのですね。このことは、改良園が出している月刊誌の園芸世界2007年の1月2月号に詳しく書かれてあります。

やめました

風がひどく冷たいので今日は何もしないことに決めました。日が出ていて良いかと思ったのですが、そううまくはいきませんね。でも庭の様子は一通り確認してきました。薔薇の芽が葉になってきました。ゆきやなぎの葉も開いてきましたし、やっとクリスマスローズが咲きました。

2007年2月23日 (金)

やっと休みになります

やっと今週の仕事が終わりました。土は休みになり、蓮の植え替えを行うことができます。
明日の天気はどうでしょうか?あまり寒いようならやめますが、連休というのはなかなかないので、できれば終わりにしてしまいたいものです。
作業風景を写真にとってもいいのですが、真剣にやりますので撮れないかもしれません。

P2180042

この写真は我が家の裏手に植えた、龍のひげです。葉の長さがちょうど良いので、土留めになりだいぶ増えました。それまでは土が隣へ流れてしまい大変でした。龍のひげは結構使い道がありますよ。花壇の縁取り、レンガの道の縁取りなど、まだ和風庭園では樹木の下草として利用されたりと重宝します。普通の龍のひげから玉龍、姫龍、黒龍、斑入りなど、結構種類があるようです。脇役ではありますが、使い方によっては他の植物を引き立たせる、重要なアイテムになりますよ。今度地植えの薔薇も、龍のひげで囲んで、草除けにしようかと玉龍を増殖中です。鉢植えにも玉龍を使うと面白いですよ。私は一つだけ玉龍を植え込んである薔薇の鉢がありますが、草が生えないのがうれしいですね。それとなんといってもメンテナンスフリーがうれしいです。増えすぎたら株分けして、ポットである程度大きくしてまた使えます。

2007年2月21日 (水)

カメ買いました

カメ買いました。いえいえ、生きている亀ではなく、壺の方です。そんなものどうするかって?

前にも書きましたが、蓮と睡蓮の植え替えをするので、蓮用に購入しました。ちゃんと資材屋で購入したもので、定価の半額で売っていたので、思い切って買いました。どうも蓮は葉までは出るのですが、花がいつも咲きません。今年はと思い、環境の良い状態を作ろうかと計画した訳です。今度の土曜か日曜に行う予定です。

壺は旧榛名町の八万八というお店で買いました。農園芸資材を専門です。肥料、養土もいろいろあります。バイオチャコールありました。今月いっぱい売出しです。蓮用の壺だいぶ売れてしまいました。大きいものは4つほど、その下は2つだけとなりました。お早めに。

P2180036


剪定と植え替えが終わって春を待つ鉢植えの薔薇くんたちです。今年は倒れないようにほとんどの鉢を陶器に変えました。よく転がりましたよ、プラスチック製は。









P2180039_1


こちらも植え替えと誘引が終わった、ロサ・カニナ、ノイバラ、ツクシイバラたちです。原種の薔薇たちです。誘引には農業資材の支柱(通称いぼだけ)を利用しています。フェンスや、ラティスではお金かかるし、面倒な施工もしなくてはならないので、この方法だと後で簡単に崩せるし、お金が少しで済みます。後は自分で麻縄で組み上げるだけですから、簡単です。





P2180044

ちょっと残骸が見えてお恥ずかしいのですが、つるミニバラを剪定、植え替え、誘引したものです。すべて一季咲きのものです。

このようにバラのすべての作業は終わり、芽が出るのを待つばかりとなっています。芽が出れば、今度は病害虫対策が始まります。それまではほんの少し休息です。実際は別の事やっているのですが。

2007年2月18日 (日)

デジカメに電池入れて撮りました。

今日はあいにく雨でしたが、庭の木々にはとてもよかったと思います。

我が家の庭はあえて秋より草取りをしていません。草を取る事によって地面が乾き、冬の嵐で土を持って行かれるからです。また群馬は霜柱が立ち地表を持ち上げてしまい、さらにひどくなるので、これを防ぐためにあえて草を生やした状態にしています。今年はさらに庭に草の繁殖を防ぐ目的でマメ科の植物(名前忘れた)をまき、生やしています。

畑に使う肥料を購入したついでに電池を買い、やっとデジカメに電池を入れましたので、我が家に咲いている花などをご紹介します。

耐寒性のないものは室内や玄関などにいっぱい置いてありますが、中には早く咲かせてしまったものも置いてあります。

P2180012

これはペーパーカスケードといって、はなかんざしの名前で売られているかもしれません。花びらが紙のようでかさかさしています。においがあり、ちょっと良い香りがします。花持ちはとても良く、長く楽しめます。




P2180014

これは春蘭です。本来は春ですが、玄関の中にいますのいで早く咲いてしまっています。特別変わった個体ではないので、安く売っているものです。暖かくなったら、庭に植えようと思っています。前にも購入したものが2本ほど庭にありますが、少し増やそうと考えています。




P2180017

沈丁花ですが、苗木で購入して、植え時まで待機中です。庭には斑入りがあるのですが、気に入っている花木ですので、もう数本欲しいと思っています。香りが好きですが、根付く前に枯れる事も。




P2180020外で咲きはじめた水仙です。水仙も多くの品種があり、飽きない種類の植物ですね。育種家がたくさんいることもあり、毎年新しい水仙が発表されているようです。こういったものは、世に出るまでに数年を要します。




P2180021クリスマスローズです。まだ咲いてませんが、やっとつぼみが出始めました。これも最近ガーデニングでは有名な花になりました。ゆすらご(ユスラウメ)の下に数株植えてあります。




P2180024 スノードロップです。とても小さく提灯のように花が咲いています。寒い時期に元気に咲き、春を告げるよう咲くのでとても気に入っています。ここのスノードロップはもう3年植えっぱなしで、個体数が増えています。


>

P2180026 シラーかな?はっきり分からないのですが、おそらくそうだと思います。毎年植え替えているのですが、その個体数を増やしています。はじめは5個ぐらいの球根でしたが、今はかなりの個数があります。花や葉は大きくないのですが、毎年控えめですが、咲いてくれます。




P2180027ロニセラ ウィンタービューティーといって冬に咲きます。甘い香りがします。この隣に冬以外咲き続けるヘクロッティーがいますが、これは生育も旺盛で、時折困っています。でも良い香りがします。




P2180029ミツマタです。そろそろ花芽が黄色くなりつつあります。赤花もあるのですが、昨年ほかの植物に空間を占拠され、花芽がほとんど尽きませんでした。




P2180040 アジサイの新芽が出始めています。やはり早すぎるかもしれません。





早足で紹介してしまいましたが、春を待つバラの状態などの裏側も後日写真を載せてみます。

そうそう、蓮や睡蓮用の土も購入できたので、暖かい日に植え替えができます。

このブログ、画像入れるとホームが崩れる!!少しお馬鹿かも?HTMLのプログラムすっかり忘れたので、やり方わからん。

月齢では

あけましておめでとうございます。なぜかって?今日は旧暦の元旦であります。

私たちの生活の中ですでに太陽暦が身についてしまいましたが、本来生物は月の影響を受けて生活している部分が多いのはご存知かと思います。農業や林業、園芸もその過程では旧暦を利用して成り立っていることが多かったのです。まあその辺は興味あれば調べてください。いずれにせよ今日は、旧暦の正月に入ります。月は新月で肉眼ではその姿を確認できません。でもこの暖冬で、旧暦も太陽暦も意味成さなくなってしまうのではないかと不安です。目で見る限りすでに春先、でも暦はまだ2月18日。植物の芽吹きは3月だったような・・・。2004年の記録では3月上旬、2005年では3月中旬、2006年では記録がない(怠慢だ!)でも2007年は2月上旬ですから!やはり1ヶ月も早い。おかしいです。芍薬もヘメロカリスも芽を出しています。なにかありますやっぱり。

2007年2月16日 (金)

今咲いている花

今わが家で咲いている花をアップしようと思ったらデジカメの電池が終わってしまいましたので、後日アップします。

それと榛名の青い彗星さん、その通りで、セブンの中を入ったところです。とてもいい所ですので、何かのおりによって見てください。アドレスもよろしく。こちらで公開してくれてもOKです。リンクをはらしてもらいますがいいですか?

acalaのホームページ

我が家の原種バラ

  • ノイバラ
    我が家にある原種バラの写真。原種はとても繊細で、園芸種にない趣があります。自然の美しさがそこにはあります。

バラと花~acalaの園芸記録

とれたて日記

チロルと穂高の介護日誌

acalaのブログ

acalaのひとりごと